アルバイト
PR

高校生ならバイトをばっくれしてもいい?親へ連絡が行くなど起こり得るリスクを紹介

高校生ならバイトをばっくれしてもいい?親へ連絡が行くなど起こり得るリスクを紹介
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

高校生になるとバイトを始められます。しかし「忙しくてつらい」「人間関係が良くなくて辞めたい」などネガティブな気持ちからばっくれをしたいと考えている人やしてしまった経験がある人がいるでしょう。

そこで本記事では、高校生がバイトをばっくれることで起こり得るリスクについて解説します。

これからばっくれしようと考えている人は、ぜひ最後までお読みください。

高校生がアルバイトをばっくれした場合のリスクとは?

高校生がアルバイトをばっくれした場合のリスクとは?

高校生は社会に出た経験もなく、お金を稼いだことがないため、アルバイトをばっくれしたい気持ちが芽生えることもあるでしょう。そこで本章では、高校生がバイトをばっくれした場合のリスクを4つ紹介します。

  • 親や学校への連絡
  • 損害賠償請求
  • 学校に知られると大学進学や就職に影響がでる
  • 学校からの罰則

それぞれ具体的に解説していくので、バイトをばっくれようと考えている人はぜひ最後までお読みください。

親や学校への連絡

バイトをばっくれるとアルバイト先から親や学校に連絡が入る可能性があります。特に可能性が高いのが緊急連絡先に記載した親への連絡です。処罰は家庭によって異なりましが、怒られることがほとんどでしょう。

また、学校へ連絡されるとバイトをしてはいけない規制の原因になったり、最悪の場合登校拒否や退学処分が下されることも可能性としてあります。

ただ、学校への連絡はバイト先の対応や雰囲気で異なるので必ずしもあるとは断言できません。とはいえ、可能性があることには変わりないので、ばっくれは絶対しないようにしましょう。

損害賠償請求

もし、ばっくれをして店舗に損害が発生した場合、損害賠償請求をされることがあります。

例えば「あなたがいなかったことでお店が回らずクレームに加えて損害も発生した」「人がいなくて店舗が開店できなかった」などが挙げられます。

そのため、同僚に迷惑がかかるので、ばっくれるのは絶対に辞めましょう。また、たとえ損害賠償が発生しなくても信頼を失う、口コミで悪評が広がるなど様々なデメリットが起こり得るため、無責任な行動はしないような意識が必要です。

学校に知られると大学進学や就職に影響がでる

アルバイトをばっくれして学校へ連絡が行くと、大学進学や就職に影響が出る可能性があります。例えば、志望校がアルバイトを重視する場合には、ばっくれたことが大きなマイナスポイントに。また、人間的な部分でもネガティブな評価を与えてしまいます。

そのため、アルバイトをばっくれることは将来に大きな影響を与える可能性があるため、避けるべき行為です。

学校からの罰則

もし、アルバイトをばっくれたことが学校に知られた場合、毎日の清掃や反省文の提出など様々な罰則を受けることがあります。

最悪の場合、登校拒否や退学処分が下されることもあるでしょう。そのため、アルバイトをばっくれることは非常にリスキーな行為といえます。

また、アルバイトは社会人になるための貴重な経験を積むことができる機会です。しかし、アルバイトをサボってしまうと、貴重な経験を台無しにしてしまうことになります。

そのため、アルバイトをする際には、しっかりと責任を持って行動することが大切です。

高校生がバイトを辞める時にやりがちなばっくれ以外の方法

高校生がバイトを辞める時にやりがちなばっくれ以外の方法

バイト先を辞めるときばっくれ以外にも高校生がやってしまう行動があります。そこで本章では高校生がバイトを辞める際にやりがちなばっくれ以外の方法を3つ紹介します。

  • 置き手紙
  • 無断欠勤
  • 更衣室に制服を返して電話で退職の意志を伝える

どの行動も絶対にしてはいけないことなので、これから辞めようと考えている人は必見です。

置き手紙

置き手紙は、突然の退職や辞めるタイミングがなかなか合わない場合に使われる方法ですが、突然の退職は相手に迷惑をかけるため、バイト先に直接伝え、謝罪することが望ましいです。

また、置き手紙をするためだけに事務所へ入ると、連絡が来て「不法侵入」と言われることも可能性やそもそも手紙が相手の元に届かないことも考えられます。

置き手紙は、誰とも会わないで退職の意志を伝えられるため「最高の方法」と捉えられがちですが、リスクが高いので絶対にしないようにしましょう

無断欠勤

無断欠勤は、非常に失礼であり、相手に迷惑をかける行為です。

バイト先に事前に伝えることができない場合は、メールや電話で事情を説明し、謝罪することが大切です。

また、事前に連絡をすることで、バイト先が臨機応変に対応できます。ばっくれ同様にやってしまいがちな行動ですが絶対に行わないようにしましょう。

更衣室に制服を返して電話で退職の意志を伝える

更衣室に制服を返して、電話で退職の意志を伝える方法もあります。ただし、バイト先の規則によっては、電話での辞表提出は認められていない場合もあります。

高校生がバイトを辞める際は、相手に迷惑をかけることのないよう、丁寧かつ正式な手続きを行うことが重要です。また、バイト先とのコミュニケーションを大切にし、相手に対して感謝の気持ちを伝えることも忘れずにしましょう。

バイト先での経験は、今後の人生で役立つことが多いため、良い関係を築くことが大切です。最後に、相手に対して丁寧に対応することで、自分自身も成長できます。

たとえ高校生であってもバイトのばっくれは絶対にいけない

たとえ高校生であってもバイトのばっくれは絶対にいけない

高校生だと社会経験がないため、バイトのばっくれは誰にも迷惑がかからないと考えがちです。しかし、様々なリスクとデメリットがあります。そこで本章では高校生に向けてばっくれすることで起こり得ることを3つ紹介します。

  • 同僚に迷惑がかかる
  • お店が回らず損害賠償が出る可能性がある
  • マネージャーが新たに人を探す手間が増える

それぞれ具体的に解説します。

同僚に迷惑がかかる

バイトのばっくれは、同僚に迷惑をかけることになります。

例えば、バイトの仕事を引き継ぐ人がいなかったり、急遽他の人がその仕事を担当しなければならなかったりするからです。加えて、同僚が忙しくなり、仕事の効率が悪くなることもあります。

また、バイトの仲間がいる場合は、ばっくれをきっかけに関係も悪化することがあります。特に、小さな店舗やチームの場合は、仲間との絆が強く大きな傷を残すことになります。

お店が回らず損害賠償が出る可能性がある

バイトのばっくれによって、お店が回らなくなる場合があります。

例えば、レジ業務だった場合、一人がいなくなることで業務が回らなくなり、お客様の待ち時間が長くなります。また、店舗の収益に直接関わる業務であった場合、お店に損害を与えることになるので、損害賠償が発生する可能性もあります。

さらに、バイトのばっくれによって、お店の評判が悪化することもあります。突然姿を消すことでお客様に迷惑をかけ、悪い口コミが広がるからです。結果売上マイナスにつながり、損害になります。

マネージャーが新たに人を探す手間が増える

バイトのばっくれをすると「もうこない人」と判断された場合、マネージャーが新たに人を探さなければなりません。

特にバイトの中で重要な業務を担当していた場合、代わりの人を探すことが難しくなることがあります。

そのため、マネージャーが新たに採用活動を行い、人材を見つけ出すまでの期間が必要になります。この期間中、お店は短期間においても人手不足に陥るでしょう。

新しい人材を採用するためには、広告費や面接の時間など、多くの費用がかかるので、たかがばっくれと思っている人は注意しましょう。

高校生でバイトをばっくれたいなら潔く辞めて他のバイトに挑戦してみる

高校生でバイトをばっくれたいなら潔く辞めて他のバイトに挑戦してみる

高校生でバイトをばっくれしたいのは「忙しい職場であったり」「人間関係が上手く構築できたり」しないと誰もが思うことです。

そのため、珍しいことではありません。とはいえ、ばっくれをしたいと考えるなら、直接辞めたい旨を伝え正式な手続きを踏むましょう。

また、バイトが合わなかった可能性もあるので、退職の手続きと並行で他のバイトを探してみるのもおすすめです。

高校生という貴重な時間を無駄にしないためにも、ばっくれの選択肢を取るのではなく、社会人に求められる退職マナーを行うのが非常に大切です。

高校生でも利用できるおすすめの求人アプリ

高校生でも利用できるおすすめの求人アプリ

バイトを探すには、求人情報サイトやアプリが便利です。しかし、高校生はまだ働き方に慣れていないため、どの求人アプリが自分に合っているのかわからないという人もいるでしょう。

そこで、高校生でも安心して利用できる求人アプリを3つ紹介します。

  • タウンワーク
  • タイミー
  • マッハバイト

それぞれの特徴を順に解説していくので、バイトを探したいけれど何を選べばいいか分からない人は、ぜひ最後までお読みください。

タウンワーク

タウンワークは、求人情報サイトの中でも老舗の1つです。

多くの求人が掲載されており、高校生でも応募しやすいアルバイトが見つかるでしょう。アルバイト先の情報も充実しており、勤務先の評判や口コミも確認できます。

また、シフト制の仕事が多いため、学校や部活との両立がしやすいというメリットがあります。

タウンワークに登録すると、応募した求人の状況を確認できる「マイページ」機能が利用できます。応募先からの返信が遅れた場合や、応募した後に条件が変わってしまった場合でも、マイページで確認することができるため安心です。

タイミー

タイミーは、アルバイトやパートの求人情報を検索できるアプリです。特徴は、スキマ時間で働ける求人が多いこと。

高校生にとって、授業のない土日や放課後に働くことができる求人は魅力的です。また、週1日や月1日など短い期間で働ける求人もあるため、スケジュールに合わせてアルバイトができます。

タイミーは、GPS機能を使って周辺の求人情報を検索できるため、自宅から近い場所で働きたい人にもおすすめです。また、アプリ内で応募手続きを行えるため、手軽にアルバイト探しを始められます。

マッハバイト

マッハバイトは、アルバイトやバイト先での就業体験談などを見ることができる求人アプリです。学生にとっては、アルバイトに応募する際の参考にできる情報が多く掲載されています。

また、スマートフォンのGPS機能を使って周辺の求人情報を検索できるため、アルバイト探しを手軽に行えます。

マッハバイトは、アルバイト先の評判や口コミを確認できるため、安心して働き先を選べます。また、求人情報の更新が頻繁に行われるため、常に最新の求人情報をチェックが可能です。

まとめ:高校生でもバイトのばっくれはしてはいけない!人生が変わる可能性も

本記事では高校生がバイトをばっくれるデメリットといけない理由を解説しました。結論、ばっくれることで進学や就職への影響や信頼の低下など様々なデメリットがあるため絶対にしないようにしましょう。

仮にバイトをばっくれようと思った場合は、正式な手続きをして退職しましょう。また、他のバイトを探したい人には「タウンワーク」や「タイミー」などの求人アプリの利用がおすすめです。

豊富な求人があることに加えて、無料でダウンロード・活用できるのでこの機会にぜひインストールしてみてください。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました