アルバイト
PR

バイトが落ちる平均の確率は体感30%!落ちやすい人の特徴と改善方法を徹底解説

バイトが落ちる平均の確率は体感30%!落ちやすい人の特徴と改善方法を徹底解説
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

バイトの面接を受けていると「落ちる確率って何%なの?」といったことを考えた経験があるでしょう。結論、体感約30%ほどであると推測します。

本記事では、30%である理由とバイトの面接が落ちやすい人の特徴を解説しています。また、改善方法も説明するので、バイトの面接が落ちすぎて悩んでいる人はぜひ最後までお読みください。

また下記の記事では「面接官が取る合格かどうか判断できる脈ありサイン」を解説しています。面接で取られた行動が脈ありどうか知りたい人は合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
【これをされたら脈あり】バイトの面接で脈ありの場合にされる行動を5つ紹介!
【これをされたら脈あり】バイトの面接で脈ありの場合にされる行動を5つ紹介!

バイトが落ちる平均の確率が体感30%である理由

バイトが落ちる平均の確率が体感30%である理由

バイトを探す際に落ちる確率が高いことを知っていても、理由を知ることは重要です。体感30%の確率があると言っている理由は以下の通りです。

  • アルバイト先が働いて欲しい時間が合わないだけで落とされる
  • 人手不足で悩んでいて求人しているバイトが多い
  • スキルがいらないことがほとんど
  • 8回受けて5回合格した

今までアルバイトの面接をしてきた経験の統計や面接者から聞いた話です。そのため、これから面接を受けたいと考えている人の参考になるでしょう。

アルバイト先が働いて欲しい時間が合わないだけで落とされる

アルバイト採用面接の際、アルバイト先が要望する勤務時間と自分の都合が合わない場合、落とされることがあります。

アルバイト先にとって希望通りの時間に働けなければ、採用しても人件費がかかるだけだからです。

例えば、アルバイト先が土日祝日に働いて欲しいと言っているのに学校行事があるため働けないと言うと、落とされる可能性があります。

そのため、アルバイトに合格したければ働ける時間の確保が絶対条件です。

人手不足で悩んでいて求人しているバイトが多い

現在、日本は人手不足に悩んでいます。そのため、求人を出しているアルバイト先が多くあります。

とはいえ、時給の良いバイトは多くの応募者がいるため、採用基準が高くなり落とされる確率が高くなります。例えば、時給が高い飲食店では仕事内容が簡単であるため応募者が多く、採用されるのが難しいです。

飲食店のバイトは学生から非常に人気なので、人手不足で店舗が悩んでいても時期が悪いと落とされてしまうことがあります。したがって、体感が30%といった値と推測しています。

スキルがいらない仕事がほとんど

アルバイトの多くは、未経験でもできる簡単な仕事が多いです。

そのため、都心など人が多い地区だと応募が殺到するため、競争率が高くなってしまいます。とはいえ、アルバイトにスキルがを求めてしまうと店舗が回らなくなります。

例えば、飲食店を調理師免許など特定の資格の取得者限定にしたとしましょう。厳しい条件を設けると応募者が激減しますが、飲食店の忙しさと人員の数が見合わなくなり、結果店舗が黒字倒産してしまう可能性が高まるのです。

つまり、店舗は安い人権費で多くの人を雇いたいので、最低賃金ギリギリもしくは少し多いぐらいで人を雇い、業務は誰でもできるように設計されているのです。

8回受けて5回は合格してきたから

私は過去に8回アルバイトの面接を受け5回合格できました。とはいえ、採用基準はアルバイト先ごとに異なり募集条件に応じて評価されるため、様々な評価基準がありました。

例えば、過去に履歴書の書き方がうまくなって面接で好印象を与えたため、数回合格したとしても、今回は人間力を確認していたこともあります。

アルバイト先の採用基準は様々ですが「遅刻しない」「身だしなみを整える」といった基礎的なことはどの店舗も同じなので必ず意識しましょう。

バイトが落ちる平均率は人によって様々

バイトが落ちる平均率は人によって様々

バイトが落ちる平均確率は30%といえど人によって異なります。

応募した業種や応募先の状況が人それぞれ違うからです。特に大学生は、20歳を超えている人が多いため、深夜や早朝など働ける時間の幅が広がるだけでなく、Barや居酒屋などでのバイトが可能です。

そのため、あくまで30%は目安です。

とはいえ、バイトから求められることはどこも「身だしなみ」「はっきりした受け答える」など似ているため、落ちたからといってネガティブに考えずに基本を徹底しながら、積極的に応募し常に面接の練習などを行うことがバイトに合格するための鍵です。

【平均率向上】バイトが落ちるのを改善するための方法5選

【平均率向上】バイトが落ちるのを改善するための方法5選

バイトが落ちることには必ず理由があります。

そこで本章は、バイトが落ちるのを改善するための方法として以下の5つを解説します。

  • 働ける時間を確保する
  • 身だしなみを整える
  • 面接は笑顔で元気な回答を意識する
  • 履歴書に誤字脱字や虚偽の情報を記載しない
  • 志望動機にバイト先と関連性の高いことを記載する

バイトに合格する確率を上昇させたい人はぜひ参考にしてください。

働ける時間を確保する

バイトを始める前に、働けるスケジュールを把握しておくことが大切です。

学校や他の仕事との兼ね合いを考慮しながら、働ける時間をきちんと確保しましょう。採用者目線からするとたくさん働いてくれる人材を欲しているからです。

例えば人材不足で悩んでいて「週に1時間しか働けない人」「週5で1日5時間働ける人」が応募してきたとします。採用者目線からすると週5日で働いてくれる人の方が合格させてあげたいと思うでしょう。

つまりアルバイト面接において働ける時間が多いのは合格するために重要な要素の1つです。

身だしなみを整える

バイト先での身だしなみは、非常に重要です。

清潔感のある服装や髪型だと採用担当者に与える印象がいいからです。

特にアルバイトの面接は「この人を雇うことで不利益を被らないか」「問題を起こさない人か」などを見られます。近年はSNSの発展によって悪い情報がすぐに拡散される時代になったからです。

身だしなみは人の性格や好みがでるので、判断しやすい要素の1つなのです。そのため、髪は黒髪、だらしない服を着ないなど最低限の身だしなみは意識しましょう。

面接は笑顔で元気な回答を意識する

バイト先に応募する際の面接では、笑顔で元気な回答を心がけましょう。

面接官に好印象を与えることができれば、採用される可能性も高まるからですまた、面接前にはバイト先の情報を調べておくことも大切です。

バイト先がどのような業界で、どのようなサービスを提供しているかを理解しておくことで、面接での回答もより的確になり好印象を与えられます。

履歴書に誤字脱字や虚偽の情報を記載しない

バイト先に応募する際に提出する履歴書は、自分自身をアピールする大切なツールです。

しかし、履歴書に誤字脱字や虚偽の情報がある場合、採用担当者からの信頼を損ねることにつながります。

履歴書を提出する前に、スペルミスや誤った情報がないか、しっかりとチェックしましょう。

志望動機にバイト先と関連性の高いことを記載する

バイト先に応募する際に提出する履歴書には、志望動機を記載する欄があります。

志望動機には、バイト先と自分自身が持つ価値観や能力がマッチしているかを記載することが望ましいです。

バイト先に、自分自身がどのような貢献をできるかを理解してもらうことが重要だからです。

バイトだからと甘く見て「近いから」「交通費が支給されるから」といった志望動機は控えましょう。面接官によっては悪印象を持つ人がいるからです。

志望動機は「人と接するのが好きで接客業を選んだ」「普段から料理をしていて、ここのご飯を食べた時に感動した」など関連性の高いものを選択しましょう。

バイトに落ちる平均率を下げたければ人の入れ替わりが激しい飲食店がおすすめ

飲食店は、繁忙期や混雑時には多くのスタッフを必要とするため、人の入れ替わりが人の入れ替わりが激しい業界です。

特に学年が変わる3月は、高校生や大学生が就職することで求人募集がかかりやすい傾向があります。

加えて、飲食店は人々からの需要が高く常に忙しいため、人手不足で悩んでいるところがほとんど。そのため、合格率を上げたければ飲食店を選ぶのがおすすめです。

バイトが落ちてしまう人必見!落ちにくいアルバイト3選

何度もアルバイトに応募しても人によっては落ちてしまう人がいるでしょう。

そこで本章では「落ちにくいアルバイト」を以下の3つ紹介します。

  • コンビニエンスストア
  • ファストフード店
  • ホールスタッフなどの飲食店

それぞれの特徴を順に解説していきます。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは一般的に24時間営業しており、早朝や深夜であれば人が不足しているため比較的短時間でも働けることが特徴です。また、シフト制を採用しているため、自分の都合に合わせて働けます。

さらにコンビニエンスストアでは、多くの場合、店内でのトレーニングが行われます。そのため、仕事に慣れるまでの期間が短くなりストレスが軽減される点がメリットです。

コンビニエンスストアの業務は以下のようなことが挙げられます。

  • レジ業務
  • 商品の陳列
  • 清掃
  • 接客

業務1つ1つに簡単なマニュアルが用意されていることが多いため、初めてのアルバイトでも比較的すぐに覚えられます。

また、コンビニエンスストアは多くの人が出入りするため、シフトによっては忙しい場合もありますが、一方で、時間帯によっては閑散としていることもあるため、自分のペースで働くことができる点も魅力の一つです。

ファストフード店

ファストフード店も、コンビニエンスストアと同様にシフト制を採用しており、比較的2時間からなどの短時間で働けます。また、多くの場合、高校生や大学生のアルバイトを募集しているため、未経験の人でも働きやすい環境が整っています。

さらに、ファストフード店では店内でのトレーニングが行われることが多いため未経験者でも安心です。レジ業務や調理業務など多岐にわたる業務がありますが、簡単なマニュアルが用意されているだけでなく働いている人がが多いため、初めてのアルバイトでも安心してすぐに覚えられます。

また、ファストフード店はチームでの業務が求められるため、仲間と協力して仕事を進られる点も魅力の一つです。

ホールスタッフなどの飲食店

ホールスタッフなどの飲食店では、比較的長い時間働くことが多いため、初めて働く人にとっては仕事に慣れるまでの期間が長く期間が必要です。

しかしお客様と直接コミュニケーションをとることが多く、自分のサービスがお客様に喜ばれたときには、やりがいを感じられます。

また、常に忙しいので人材不足で悩んでいる店舗が多く、比較的合格しやすい傾向があります。とはいえ、ホールスタッフは元気な掛け声やお客さんとコミュニケーションがとれるなどの能力が必要です。

そのため、3つのバイトでは一番働く難易度が高いと言えます。

また、読んでくださっている人の中には、接客が苦手だなと感じている人も多いでしょう。そこで下記の記事では「接客が上手くなる方法」を解説しています。接客が怖い人やできるか不安な人がぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
バイトが落ちる平均の確率は体感30%!落ちやすい人の特徴と改善方法を徹底解説
バイトが落ちる平均の確率は体感30%!落ちやすい人の特徴と改善方法を徹底解説

バイトに落ちるのが嫌なら恐れないで応募しまくるのが一番の近道

バイトに応募するのに抵抗があるかもしれませんが、実際に応募してみると思ったほど難しくないことが分かります。もし、バイトに落ちることが怖くて応募をためらっている場合は、思い切って応募しましょう。

特にアルバイトは以下のような特徴があるため合格しやすい傾向があります。

  • どこの店舗も人手不足だから
  • バイトは基本的にスキルなしでできるから

それぞれ順に見ていきましょう。

どこの店舗も人手不足だから

多くの店舗が高校生や大学生をかかえているため、就職や引っ越しによって人の移り変わりが激しく人手不足に悩んでいます。そのため、バイトに応募してくれる人を探しているところがほとんどです。

また、バイトをしている人たちが病気で休まなければならない場合、代わりに入ってくれる人が必要になります。

そのため、いろいろな店舗でバイト募集が行われており合格率は比較的高いと言えます。

バイトは基本的にスキルなしでできるから

バイトに応募する際、「自分には何のスキルもないから、落ちるだろう」と思っている人もいるかもしれません。しかし、バイトは基本的にスキルなしでできるものが多くあります。

例えば、レジ打ちや清掃などは、誰でも簡単にできるものです。

また、ファストフード店やコンビニエンスストアなどでは、研修があるため、初めての人でも安心して働けます。自信を持って応募しましょう。

バイト探しならタウンワークやタイミーがおすすめ

バイト探しは最初は大変かもしれませんが、タウンワークやタイミーのような求人サイトを利用することで、自分に合った仕事を見つけられます。

タウンワークやタイミーは、豊富な業界や職種の求人が掲載されており、自分が希望する条件に合ったバイトを見つけられる点がメリットです。

バイト探しは、時間や労力が必要ですが求人アプリを使用すれば手軽に応募ができます。そのため、バイトを探すのが手間の人はぜひこの機会に利用してみてください。

まとめ:バイトに落ちる平均率を低下させたければ応募数を増やして面接練習をすること

本章ではバイトに落ちる確率を下げる方法や体感30%と言われる理由を解説してきました。

大前提として「バイトはスキルが不要で誰でもできる」「店舗は人手不足で悩んでいる」などの理由により応募数を増やせば理論上、合格します。

とはいえ、そんなにバイトが見つからないと思っている人も多いでしょう。

「タウンワーク」や「タイミー」ではアルバイトに特化して豊富な求人をかかえています。無料でダウンロード・利用ができるので高校生や大学生には非常におすすめです。

ぜひインストールしていない人は、この機会にしてみてください。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました