アルバイト
PR

バイトをばっくれたら電話はしつこい?電話がくる理由と無視で起こりうるリスクを紹介

バイトをばっくれたら電話はしつこい?電話がくる理由と無視で起こりうるリスクを紹介
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

バイトをばっくれすると様々な理由で電話がかかってきて、時には「しつこい、なんでこんなに連絡されるの?」と疑問に感じる人も多いでしょう。

そこで本記事では、バイトをばっくれると頻繫に連絡が来る理由とばっくれをするリスクについて解説します。

「これからバイトをばっくれしようか迷っている」「ばっくれしてしまって電話が頻繫に来る」人は、ぜひ最後までお読みください。

バイトをばっくれたら電話がしつこい来る理由

バイトをばっくれたら電話がしつこい来る理由

バイトを辞めたくなった時、ばっくれした経験がある人も多いのではないでしょうか。そこでバイトの電話がしつこく来る理由を4つ紹介します。

  • 安否確認
  • 働く意思があるかの確認
  • 退職の手続きをするため
  • 注意し訴えるなどの対応を伝えるため

バイトをばっくれしてしまい理由が気になる人は、ぜひ参考にしてください。

安否確認

もしも、急にバイトを辞めてしまった場合、ケガや病気になってしまったのではないか、何かトラブルがあったのではないかなど、安否確認をするために電話がかかってくることがあります。

安否確認は、雇用主が従業員の健康状態や安全確保のために行うものです。特に、従業員が重要なポジションにいる場合には、すぐに代替の人材を見つける必要があるため、安否確認を行早急に行う必要があります。

働く意思があるかの確認

もう一つの理由としては、雇用主側があなたの働く意思があるかどうかを確認したい場合です。

仮に本当にやめてしまった場合、代替のスタッフを雇う必要性や入っている分のシフトの代替スタッフを見つけるかを判断するために電話をかけてくることがあります。

この場合、雇用主は、従業員が自発的に辞めたのか、何らかのトラブルがあったのかを確認するために電話をかけます。

つまり、これからの働きに影響はないかを確認するために電話をしつこくかけているのです。

退職の手続きをするため

もしも、バイトを辞める場合には、雇用主側と退職の手続きをする必要があります。そのため、退職の手続きをするために電話がかかってくることがあります。

賠償などのトラブルがない場合を除いて、退職の手続きが完了すると電話がかかってくることはなくなります。

また、退職の手続きには書類の提出や社会保険の解約など、いくつかの手続きが必要です。さらに雇用主側が書いた文字でないと退職はできません。

そのため、手続きをスムーズに進めるために、従業員に対して連絡をしているのです。

注意し訴えるなどの対応を伝えるため

もしも、バイトを辞める理由が、雇用主側の問題であった場合、注意し訴えるなどの対応を伝えるために電話がかかってくることがあります。この場合、雇用主側が対応を改善するた意見があるのかなどのヒアリングも含まれています。

従業員からの意見・要望を真摯に受け止めることでバイトのルールを変えようとしている場合もまれですがあります。

バイトをばっくれた時に起こり得ること

バイトをばっくれた時に起こり得ること

バイトをばっくれたいと思うことは、誰にでも起こり得ることです。しかし、実際に行動を起こしてしまうと様々なリスクがあります。

そこで本章では、バイトをばっくれた時に起こるリスクを5つ紹介します。

  • 緊急連絡先への連絡
  • 損害賠償の請求
  • 自宅が近いと自宅訪問
  • 学校への連絡
  • 周りに悪評が広まる

ばっくれをしたいと考えている人は、最後までお読みください

緊急連絡先への連絡

バイトをばっくれした場合、雇用主は従業員に連絡を取ろうとするでしょう。しかし、従業員がバイトをばっくれている場合、連絡がつかないことがあります。

そこで雇用主は従業員と連絡を取りたいがために父や母などの緊急連絡先に電話することがあります。そのため、親に連絡されたくない人は注意しましょう。

また、大前提としてばっくれは絶対にいけないことなので「ばっくれしようかな」と思っている人は絶対に辞めましょう。

損害賠償の請求

従業員がバイト先に損害を与えた場合、店舗は従業員に損害賠償請求を行えます。とはいえ、損害賠償請求をするにも弁護士や裁判費用といった様々なコストがかかります。

そのため、訴えられるのはまれですが、可能性としてあり得ることを覚えておきましょう。

また、可能性が低いなら「ばっくれてもいいや」と考える人がいますが、親や学校への連絡など他のリスクがあるだけでなく、店舗に迷惑をかけるので絶対に辞めましょう。

自宅が近いと自宅訪問

バイト先によっては、ばっくれをすると従業員を探しに自宅に来ることがあります。特に、自宅が近い従業員に対しては、自宅を訪問される確率が高いでしょう。

また、自宅訪問されれば注意に加えて、ばっくれたことによる損害の請求などのデメリットがあります。そのため、無責任な行動は控えるようにしましょう。

学校への連絡

バイトをばっくれると従業員が学校に連絡を取ることがあります。とはいえ、一番連絡される可能性が高いのは親への連絡です。

つまり、バイトをばっくれることは、倫理的にも法的にも問題があることです。ばっくれをすることで自分自身の将来にを壊してしまうこともあるので絶対にやめましょう。

また、バイトとの問題を避けるためにも、従業員としての責任を持って行動することが大切です。

周りに悪評が広まる

バイトをばっくれると、周りに悪評が広まってしまうことがあります。同僚や上司、またはそのバイト先の常連客など、様々な人たちに伝わる可能性があります。

結果、評判が下がってしまい、将来的に就職や人間関係の面で影響を受けることがあります。

特に、現代社会ではSNSや口コミサイトなどが普及しており、バイトをばっくれたことが広く知られる可能性が高くなっています。一度広まってしまうと、影響は長期的に及ぶことがあるため、注意が必要です。

バイトのばっくれ以外にしてはいけない行動

バイトのばっくれ以外にしてはいけない行動

前半ではばっくれがいけない行動であることを説明してきました。そこで、バイトの「ばっくれ以外ならしてもいいのでは?」と考えている人もいるのではないでしょうか。

本章では、バイトをしている人がやりがちなばっくれ以外の行動を紹介します。

意外と良いと思ってやっている人もいるので、アルバイトをしている人は必見です。

無断欠勤

連絡をしない無断欠勤は、バイト先との信頼関係を損なう行動です。仮に急に体調が悪くなったり、トラブルがあったりした場合は、できるだけ早くバイト先に伝えるようにしましょう。

また、事前に休暇を取ることがわかっている場合は、早めに相談しておくことが重要です。

同僚があなたに対して信頼を置いている場合でも無断欠勤という無責任な行動で今まで積み上げてきた信頼を失うことになります。

置き手紙

置き手紙は、退職の意思を伝えていると勘違いする人がいるため、バイトをしている人がやりがちな方法です。しかし、バイト先の人が見ない可能性やアルバイト以外の日に置き手紙を行いに行くと不法侵入と捉えられるリスクがあります。

そのため、仮にバイト先で働くことが嫌になった場合は、できるだけ上司やマネージャーに直接伝えるようにしましょう。また、置き手紙を残したことがバイト先で広まる可能性もあるため、今後のバイト探しにも悪影響を与える可能性があります。

バイトのばっくれをして電話がしつこく来た場合の対処方法

バイトのばっくれをして電話がしつこく来た場合の対処方法

バイト先で仕事をサボってしまったとき、その後電話がしつこくかかってくることがあります。そこで対処方法が分からないで悩んでいる人もいるでしょう。

そこで本章ではばっくれをしてしまった時の対処方法を紹介します。

どれも基本的なことですが、行えていない人がいるので、ぜひ参考にしてください。

素直に謝罪する

まずは、素直に謝罪することが大切です。バイト先からの電話に出たときに「すみません、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪しましょう。

また、自分がどのような理由でバイトをサボってしまったのかを説明し、再度そのようなことが起こらないようにするための具体的な対策を提案することが大切です。

例えば、学校の試験勉強が追いつかなくてサボった場合は、今後はバイトのシフト表を見ながら勉強に割く時間を明確にしておく、あるいは、試験前にはバイトをお休みするというような具体的な対策を提案ができます。

何事も自分が悪い時は素直に謝罪することが非常に大切です。

辞めたい場合は辞めることを伝える

もし、バイトを続けることができない場合は、正直に辞めたい旨を伝えることが大切です。逃げずに直接話し合い、自分の気持ちを伝えることで、今後のトラブルを回避できます。

ただし、辞める場合でも、できるだけ早くバイト先に報告することが望ましいです。急に辞めてしまうと、バイト先がシフトを調整するのに困ってしまうからです。

そのため、報告する際には具体的な退職日を伝え、今後の手続きについても相談しましょう。

お店側から言われたことに従う

バイト先から何か指示があった場合は、指示に従うことが大切です。もし何か問題があった場合は、その旨を伝え、相談しましょう。

ただ、適切な指示があったにも関わらず、自分がバイトをサボってしまった場合は、指示に従わなかった自分に責任があることを忘れずに反省しましょう。

例えば、お店側から「最後のチャンスとしてこの時間には清掃などの仕事をしてください」と指示があったにも関わらず、バイトをサボってしまった場合は、自分に責任があることを認め、反省の意を示すことが大切です。

バイトをばっくれしたいまでに追い込まれているときは退職代行を利用しよう

バイトをばっくれしたいまでに追い込まれているときは退職代行を利用しよう

時には、バイト先で理不尽なクレームや同僚に怒られたりしてばっくれをしたくなる人もいるでしょう。しかし、ばっくれはバイト先に迷惑をかけるだけでなく、最悪の場合訴えられるリスクがあります。

直接マネージャーや責任者に退職することを伝えるのがベストですが、勇気がでなくて難しいと思っている人もいるでしょう。

辞めることを伝えるのが難しい人には、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行サービスは、専門のアドバイザーがあなたの代わりに退職の手続きをしてくれます。また、雇用保険の手続きや書類の作成など、退職に伴う煩雑な手続きを代行してくれるため、自分自身でやる必要がなくなります。

まとめ:バイトのばっくれは電話がしつこいのは行動に問題があるから

本記事ではバイトをばっくれるとしつこく電話が来る理由と起こり得るリスクについて解説しました。結論バイト先から電話が来るのはあなたの行動に問題があり、退職の手続きなどをしたいためです。

そのため、ばっくれをしたい時は直接上司やマネージャーに退職を伝え、無責任な行動をしないようにしましょう。とはいえ「直接伝えるのが怖い」「勇気がでない」といった悩みを持った人もいると思います。

そこでおすすめなのが退職代行サービスの利用です。お金を支払えば、退職に関するすべてのことを代行してくれるため、出勤をする必要やバイト先と連絡を取る必要はありません。

退職が自分で出来ない人はぜひ利用してみてください。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました