アルバイト
PR

バイト始めたてが憂鬱な理由5選!バイト先が求めていることと対処方法を徹底解説

バイト始めたてが憂鬱な理由5選!バイト先が求めていることと対処方法を徹底解説
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

バイトを始めると憂鬱な気持ちにほとんどの人がなるでしょう。また、中には原因や対処方法が分からない人がいると思います。

そこで本記事では、バイトを始めたての人が憂鬱になる理由を5つ紹介。加えてバイト先が求めていることと対処方法について解説します。

「バイト始めたばかりだけど憂鬱すぎて辛い」「憂鬱な気持ちを晴らしたい」と思っている人はぜひ参考にしてください。

バイト始めたてが憂鬱な理由5選

バイト始めたてが憂鬱な理由5選

バイトを始めたての人にとっては、新しい環境に慣れるのに時間がかかることが多く加えて憂鬱な気持ちになりやすい傾向があります。

そこで本章では「バイト始めたての人が憂鬱になる理由」として以下の5つを紹介します。

  • 人間関係に慣れていない
  • 自分の役割や仕事内容が不明瞭で自信が持てない
  • 時給が低くてやる気がでない
  • 怒られてしまうのが嫌だから
  • 作業が単純すぎる

それぞれ順に解説していきます。

人間関係に慣れていない

バイト始めたての人にとって、新しい職場での人間関係に慣れるのは難しいことです。

周りの人との距離感が分からなかったり、どう接して良いか分からなかったりすることがあるからです。また、職場の人間関係がうまくいかない場合、ストレスを感じるでしょう。

ほとんどのアルバイトはコミュニケーションを取りながら業務を行うため、職場の雰囲気に合わせて自分のコミュニケーションスタイルを調整することが必要です。

そのため、バイトを始めたばかりで上手く周りに馴染めないとバイトへ行くのが憂鬱になってしまうのです。

自分の役割や仕事内容が不明瞭で自信が持てない

新しい職場での仕事内容や役割が明確でない場合、バイト始めたての人は何がやってしまい棒立ちしかできず、足手まといになっている気持ちに陥り憂鬱な感情になることがあります。

特にバイト先が忙しいと教えてもらえる時間もほとんどない状況になることが多いため、棒立ちの時間は長くなるでしょう。

また、周りの人に迷惑をかけたり、失敗をしてしまい、憂鬱な気持ちだけでなく、辞めたいといったよりネガティブな感情を引き起こすことがあります。

対策方法としては、上司や先輩に質問してメモを取ることです。メモがあれば、他の人がいなくても仕事に取り組めるのでおすすめです。また、帰宅してから復習ができるメリットもあります。

時給が低くてやる気がでない

バイト始めたての人にとって、時給が低い場合や、仕事内容に見合わない報酬である場合、モチベーションが下がってしまうことがあります。

特に、労働時間が長い場合は「行ってももらえるお金が少ないし…」と憂鬱な気持ちになることが多いでしょう。

時給が低いのが、憂鬱な気持ちの場合は「タウンワーク」や「タイミー」を活用して別のバイト先を探すか、自分のスキルアップにつながるバイトを選ぶことをおすすめします。

とはいえ「バイトを辞めるのが怖い」「退職を伝えてからが気まずい」などの悩みを持っている人も多いでしょう。そこで下記記事では、退職の対処方法を解説しています。バイトを辞めるのが怖い人はぜひ参考にしてください。

怒られてしまうのが嫌だから

新しい職場でのルールやマナーがわからない場合、バイト始めたての人はすぐに怒られてしまう多い傾向があります。また、言葉遣いや態度など、周りの人から指摘されることが多いため、ストレスを感じるでしょう。

対処方法としては、職場のルールやマナーをしっかりと覚えることです。また、上司や先輩に相談することで、自分の問題点を改善できます。

ただ、理不尽に怒られた時は再発を防止するためにも、反論や上司に報告するなどの対処がおすすめです。

作業が単純すぎる

バイト始めたての人にとって、作業が単純すぎる場合、退屈でモチベーションが下がってしまうことがあります。また、単純すぎる作業は、長時間の労働による疲れを感じやすくなるため、ストレスを感じやすい点がデメリットです。

対処方法は、自分で作業の工夫をするか、別のバイト先を探すことが挙げられます。

個人的にはタウンワークやタイミーを使って他のバイトを探すことがおすすめです。新しい環境になれば学べることが多いだけでなく、得られるスキルや経験が変わってくるからです。

また、他の経験を積むことで自分の好きな仕事の傾向が分かります。そのため、単純作業で憂鬱な人はバイトを変えてみましょう。

バイト始めたてで憂鬱な人必見!バイト先が求めていることを3つ紹介

バイト始めたてで憂鬱な人必見!バイト先が求めていることを3つ紹介

バイトを始めたばかりの人にとって、バイトに行くのが憂鬱になることもあるでしょう。しかし、バイト先からすると関係のないことです。

そこで本章では「バイト先が求めていること」を3つ紹介します。

  • 時間通りに出勤する
  • マニュアルに沿ってミスのない時給以上の働き
  • 継続的に働いてくれる

それぞれ順に解説していきます。

時間通りに出勤する

まず、バイト先が求めていることとして、時間通りに出勤することが挙げられます。バイトはシフトに則って働くものなため、時間通りに出勤できなければ他のスタッフの仕事量が増え、お客さんに迷惑がかかってしまうからです。

そのため、時間通りに遅刻しないことはバイト先が従業員に求めていることです。

また、やむを得なく遅刻する場合は、必ず事前に連絡しましょう。急な用事などで出勤ができない場合も、早めにバイト先に連絡し、対応することが非常に大切です。

マニュアルに沿ってミスのない時給以上の働き

次に、マニュアルに沿ってミスのない時給以上の働きをすることが挙げられます。

例えば、レジ打ちを担当する場合、金額を間違えたり、お釣りを渡し忘れたりすることは絶対に避けなければなりません。また、店舗における清掃作業を行う場合、汚れを残すことがないように注意する必要があります。

そのため、始めたての人はマニュアルをしっかり読み、覚えておくようにしましょう。もし分からないことがあれば、先輩スタッフに質問して分からないことを無くすことが非常に大切です。

継続的に働いてくれる

最後に、バイト先が求めていることは、継続的に働いてくれることです。

バイトは正社員とは異なり、気軽に辞められるため、採用後すぐに辞めてしまう人が多い傾向があります。とはいえ、バイト先からするとせっかく教えた時間や労力がすぐに辞めることで無駄になるため、継続的に働いてくれる人はバイト先から好まれます。

バイト先も、新しい人材を探す手間やコストをかけたくないためです。

また、バイトを継続的に行うことで、自分自身もスキルアップやコミュニケーション能力の向上につながり、バイト先からの信頼も得られるようになります。

バイト始めたてで憂鬱な人におすすめの対処方法

バイト始めたてで憂鬱な人におすすめの対処方法

前半ではバイトを始めたばかりの人が憂鬱になる理由を解説しました。

そこで本章では「憂鬱な人におすすめの対処方法」を4つ解説します。

  • 事前に教えてもらったことを復習する
  • 理不尽に怒ってくる人や冷酷な人は気にしない
  • 完璧主義を捨てる
  • 最悪バイトがあってなかったら辞めれば良いと考える

憂鬱なでバイトに行きたくないと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

事前に教えてもらったことを復習する

バイトを始めたばかりの人は、最初に多くの情報を受け取るため、初めての職場に慣れるために、どうしても緊張する傾向があります。

どんな仕事であっても、新しいことを覚えるのは大変です。そのため、事前に教えてもらったことを復習することが大切です。

具体的には同僚に質問したことをメモを取ったり、業務の手順を書き留めたりすることが挙げられます。

自分で情報を整理できることに加えて帰宅してから復習ができるからです。仕事を覚えることで自信が付き、憂鬱な気持ちが晴れることがあるので試してみてください。

理不尽に怒ってくる人や冷酷な人は気にしない

バイト先で、理不尽に怒ってくる人や、冷酷な人がいる可能性あります。しかし、理不尽な人たちに怯えたり、イライラしたりしても仕方ありません。

冷たい行動されることは、あなたの責任ではないからです。そのため、自分ができる仕事を一生懸命行い、適切に対応することが大切です。

また、精神的につらい場合は上司や先輩に相談すると良いでしょう。相談する際には具体的にどのような雰囲気があるのか、状況を正確に伝えることが大切です。

完璧主義を捨てる

バイトを始めたばかりの人は、完璧主義に陥りがちです。

しかし、完璧主義はストレスの原因となります。また、人間は完璧ではありません。

仕事に必要なことをしっかりとこなし、ミスや失敗を恐れずに、自分自身を許容することが大切です。また、ミスをした場合には自分自身を責めるのではなく、同じことを繰り返さないために改善点を洗い出すことが重要です。

最悪バイトがあってなかったら辞めれば良いと考える

仕事が合わない、人間関係がつらいなどバイトが本当に嫌で体調にまで影響がでる場合は、辞めることも選択肢の1つであることを覚えておきましょう。

自分自身がストレスを感じることは、長期的に見てもよくありません。また、もしバイトが合わないと感じた場合でも、他のアルバイトでは上手くいく可能性があります。

そのため、仕事を変えてみるのも良いでしょう。「バイトの探し方がわからない人」はタウンワークやタイミーの利用がおすすめです。豊富な求人とスマホで誰でも手軽に応募できるからです。

また、無料でアプリをダウンロードするだけなので誰でも使えます。ぜひダウンロードしていない人はこの機会にインストールすることをおすすめします。

バイト始めたてから3ヶ月経っても憂鬱な人はバイトがあっていない可能性が高い

バイト始めたてから3ヶ月経っても憂鬱な人はバイトがあっていない可能性が高い

もしバイトを始めてから十分な時間働いていて、2~3か月の月日が経っているのに毎日憂鬱な人はバイトがあっていない可能性があります。

そこで本章では「バイトがあっていないと判断できるポイント」を3つ紹介します。

  • 仕事のミスが多い
  • 人間関係や環境があっていない
  • 時給が低い

仕事のミスが多い

仕事のミスが多いとバイトがあっていない可能性が高い可能性があります。

例えば、接客業に向いていない人が接客業のバイトをしても、オーダーミスやレジの打ち間違いなど業務をこなすこともできません。また、ミスが多発することでバイト先からは頻繁に怒られ、結果憂鬱な気持ちになってしまいます。

そのため、自分自身の適性を考え、バイトを選ぶことが非常に大切です。自分がどのような職種に向いているかを考え、自分にあったバイトを見つけることが大切です。

タウンワークやタイミーでは豊富な求人が掲載されており、自分にあったバイトが見つけられるでしょう。また、無料でダウンロードするなので誰でも使えるので非常におすすめです。

人間関係や環境があっていない

バイトがあっていないと感じるもう1つの理由は、人間関係や環境があっていないことです。例えば、職場の人間関係が悪かったり、環境がうまく整っていなかったりすると、ストレスを感じることがあります。

環境が合っていないと感じるときは、自分が働きやすい環境や自分に合った人間関係を求めて、バイトを変えることが大切です。また、辞めたくない場合は上司やマネージャーに相談してみるのも1つの方法です。

時給が低くてモチベーションが上がらない

バイトがあっていないと感じる最後の理由は、時給が低いことです。時給が低いとモチベーションが上がらず、仕事に対するモチベーションが低下してしまいます。

とはいえ、必ずしも時給が高いバイトが最適とは限りません。時給以外にも、福利厚生や労働環境などを考慮し、総合的に判断する必要があります。

例えば、以下のようなことが挙げられます。

  • 交通費が支給される
  • 社員割引がある
  • 制服が支給される
  • 仕事が激務

そのため、時給を求めてバイト先を変えるときは注意しましょう。

バイトを探すのにおすすめのバイトアプリ

バイトを探すのにおすすめのバイトアプリ

バイトを探すには、最近ではバイトアプリがとても便利です。多くのアプリから自分に合った求人を見つけるからです。

そこで本章では「バイトを探すのにおすすめのアプリ」を3つ紹介します。

  • タウンワーク
  • タイミー
  • バイトル

それぞれの特徴を順に解説していきます。

タウンワーク

タウンワークは、多くの求人情報が集まっていることで知られています。

アルバイトやパート、正社員など、様々な雇用形態の求人が掲載されています。また、地域別に検索することもできるので、自宅や学校の近くで働きたい人にはおすすめです。

さらに、タウンワークは、学生の方にも優しい求人が多いのが特徴です。学校帰りに働ける時間帯の求人や、土日のみの勤務できる求人などがあります。加えて、アプリの操作も簡単で使いやすいため、初めてのバイト探しにも最適です。

タイミー

タイミーは、短期間のバイトを探したい人にはおすすめのアプリです。

飲食店のイベントスタッフや、イベント会場の設営スタッフなど、短期間で労働したい人向けの求人が多く掲載されています。また、日払いの求人もあるので、急いで稼ぎたい人におすすめです。

アプリの画面も誰でも使いやすい仕様になっているので、誰でも活用しやすい点も大きなメリットです。

バイトル

バイトルは、大手求人サイトのひとつです。求人数が多く、業種も多岐にわたるため、自分に合った求人が見つかる可能性が高いです。

また、アルバイトだけでなく、正社員の求人もあるので、将来的には正社員になりたいと考えている人にもおすすめです。

さらに、バイトルは、アプリだけでなく、Web版も充実しています。Web版では、自分の希望条件を設定して検索することができるため、より細かな求人検索が可能です。また、面接や入社手続きの申し込みもアプリやWebから簡単に行えるため、忙しい人にも便利です。

まとめ:バイトを始めたてから憂鬱な期間が長い期間経っているならバイトを変えるのがおすすめ

本記事では、バイトを始めて憂鬱な気持ちになっている人に向けて、原因と対処方法を解説しました。結論、始めたてなため仕事が上手くできない、同僚とコミュニケーションが取れないといったことが原因として挙げられます。

対処方法としては、仕事面に関してはメモを取って日々復習する、人間関係はコミュニケーションを積極的に取ることが大切です。

また、それでも上手くできない場合はバイトを変えるのがおすすめです。タウンワークやタイミーを活用すれば豊富な求人があるため、自分にあったバイトが見つかるでしょう。

無料でダウンロード・利用ができるので、この機会にぜひインストールしてみてください。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました