アルバイト
PR

【大学生必見】バイトの飲み会に参加するべき?行くことで得られるメリットを徹底解説

【大学生必見】バイトの飲み会に参加するべき?行くことで得られるメリットを徹底解説
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

アルバイトをしていると「売上が良いから」「従業員同士の親睦を深めるために」などの理由で、バイトの飲み会が開催されることがあります。

しかし、マネージャーや責任者から日々働いている人など様々な人が参加するため「行きたくない」と思っている人も多いでしょう。

そこで本記事では、大学生がバイトの飲み会に参加するべきかやメリットなどを解説します。

バイトの飲み会に参加するべきかで悩んでいる人は、ぜひ最後までお読みください。

また下記記事では、バイトに行きたくない人に向けて「少しでもバイトに行けるようになる方法」を解説しています。日々の業務が嫌で頻繫に行きたくない感情になる人はこちらも合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
ストレスでバイトに行きたくない!ストレスを和らげる方法と原因を徹底解説
ストレスでバイトに行きたくない!ストレスを和らげる方法と原因を徹底解説

大学生はバイトの飲み会に参加するべき

大学生はバイトの飲み会に参加するべき?

結論、大学生はバイトの飲み会に参加すべきです。

バイトを通じて様々なメリットがあるからです。

特に大学生は就活といった場面で社会人としてのマナーが求められます。そこで大学生にとってバイトの飲み会は非常に有益な経験になるでしょう。

また、飲み会に参加することでコミュニケーション能力や臨機応変に対応できる能力の向上などが見込めます。そのため、バイト先での飲み会は大学生にとって貴重な機会です。

大学生がバイトの飲み会に参加して得られるメリット

大学生がバイトの飲み会に参加して得られるメリット

本章では大学生がバイトの飲み会に参加して得られるメリットを4つ紹介します。

  • 社会人としてのマナーやコミュニケーションを学べる
  • 同僚と交流ができる
  • 上司やマネージャーに仕事のアドバイスをもらえる
  • 気分転換になる

バイトの飲み会に参加するかで迷っている大学生は必見です。

社会人としてのマナーやコミュニケーションを学べる

バイトの飲み会は、社会人としてのマナーやコミュニケーションを学ぶチャンスでもあります。飲み会では、人との関わり方やコミュニケーションの取り方など、社会人として必要なスキルを身に付けられます。

例えば、ビジネスマナーとしての挨拶や、相手の話を聞く姿勢などです。また、飲み会では、場の雰囲気を壊さないような振る舞いや、上司や年上の人に対する敬意など、相手を不快にさせない立ち回りが求められます。

そのため、就職したときの上司との飲み会といった、将来訪れる場面で役立つ可能性があります。

同僚と交流ができる

バイトの飲み会に参加することで、同僚たちと交流することができます。仕事中はなかなか話す機会がない人も、飲み会ではプライベートな話題や趣味などを話しやすくなります。そこで同僚たちと親交を深めることで、職場でのコミュニケーションが円滑になります。

また、職場で上手くいかないことがあった場合、同僚たちに気軽に相談できる点もメリットです。そのため、バイトの飲み会は参加するのがおすすめと言えます。

上司やマネージャーに仕事のアドバイスをもらえる

バイトの飲み会には、上司やマネージャーも参加することがほとんどです。そのため、上司やマネージャーから直接アドバイスをもらえるチャンスです。

また、飲み会での上司やマネージャーとの交流を深めておくことで、日頃のバイトでのコミュニケーションが取りやすくなり、仕事をスムーズに進められます。

分からないことも気軽に聞けるようになるので「仕事ができなくて行きたくない」と思っている人は、飲み会に参加することをおすすめします。

気分転換になる

大学生にとって、バイトの仕事は、学業やサークル活動などと並行して行われます。バイトの飲み会は、仕事の疲れを癒す良い機会です。

同僚たちと楽しい時間を過ごすことで、リフレッシュできます。

また、飲み会での出来事や話題は、職場での人間関係を良好に保つための共通の話題にもなります。バイトの飲み会を通じて友人ができ、バイトのモチベーション向上も見込めるなども大きなメリットです。

大学生がバイトの飲み会に参加することのデメリット

大学生がバイトの飲み会に参加することのデメリット

バイト先での飲み会は、コミュニケーションを取る良い機会である、ビジネスマナーの勉強ができるなどのメリットがある一方、参加することによって生じる問題もあります。

そこで本章では「大学生が飲み会に参加することのデメリット」を3つ紹介します。

  • 普段の業務について過度な指摘を受けることがある
  • 様々な人とコミュニケーションをとらないといけない
  • 若いから無理に料理食べさせられる可能性がある

それぞれ順に解説していきます。

普段の業務について過度な指摘を受けることがある

飲み会の席上で、上司や同僚から普段の業務について過度な指摘を受けることがあります。特に、アルバイト先での飲み会では、責任者が日々言えないことをスタッフに直接伝えられる重要な機会と捉えられることがあるからです。

また、お酒が入っていることもあり、言葉遣いが荒くなる人が一定数います。そのため、仕事のアドバイスを受けたい時は、飲み会が始まった直後がおすすめです。

様々な人とコミュニケーションをとらないといけない

バイトの飲み会には、普段あまり話さない人たちと話す機会があります。

そこで相手の話が全く理解できない場合や、自分自身が話題がなくて、気まずい雰囲気になる点がデメリットです。

また、飲み会の場では、アルバイト先での立場がなくなり、上司や先輩との距離が縮まりやすいため、上司や先輩に失礼な態度をとってしまいトラブルが生じる可能性もあります。そのため、様々な人とコミュニケーションを取るときは注意が必要です。

無理に料理を提供される可能性がある

バイトの飲み会では、コストパフォーマンスを良くするために「食べ放題メニュー」でオーダーすることが多い傾向があります。「提供された料理は全て食べなければ…」といった気持ちでいると次の日に腹痛を起こしたりする可能性がある点がデメリットです。

実際、私が過去にアルバイトをしていたところでは食べ放題でした。

特に「若いから」といった理由で高校生や大学生は様々な食材を提供されることが多々あります。裏を返せば食費が浮くといった捉え方もできますが、食べるのが苦手な人にはバイトの飲み会に参加するデメリットと言えます。

バイトの飲み会で大学生が注意すべきこと

バイトの飲み会で大学生が注意すべきこと

バイトの飲み会は、仕事仲間と交流を深める大切なイベントの一つです。しかし、大学生として、法律や常識に則ったマナーを守ることが求められます。

そこで本章では「アルバイトの飲み会に参加する際に注意すべきこと」を5つ紹介します。

  • お酒は20歳以上を過ぎてから飲む
  • プライベートな話に注意する
  • 他の人に迷惑にならない行動を心がける
  • 女性の人は帰りの交通手段を確保する
  • はめを外し過ぎない

これからバイトの飲み会に参加する予定の人は、ぜひ最後までお読みください。

お酒は20歳以上を過ぎてから飲む

お酒は、法律で定められている通り、20歳以上を過ぎた人のみが飲酒できます。

バイトの飲み会では、お酒が出ることが多いですが、未成年者が飲酒することは絶対に避けましょう。

また、20歳を過ぎていてお酒が飲める人は、過度に飲みすぎて泥酔することも避けるべきです。自分の行動に責任を持ち、適量を守りましょう。

プライベートな話に注意する

飲み会では、仕事以外の話題が中心になることが多いです。しかし、プライベートな話題には注意が必要です。自分の秘密や他人のプライベート情報は、飲み会で話すべきではありません。

また、他人のプライベート情報を漏らさないように気をつけましょう。飲み会は楽しい時間ですが、気を抜きすぎず、自分自身のプライバシーを守りましょう。

他の人に迷惑にならない行動を心がける

バイトの飲み会では他人の迷惑にならない行動を心がけましょう。

飲み会では、気分が上がってしまい、周りの人に迷惑をかける行動をする人が一定数います。例えば、騒いだり、吐いたり、トイレに長時間いたりするといった行動は周りの人に迷惑をかけることになります。

常識的な行動を心がけ、他の人に迷惑をかけないようにしましょう。また、節度のない行動をすることでバイト先での評価が避けることもあります。

女性の人は帰りの交通手段を確保する

深夜になると、交通機関が少なくなることがあります。女性の人は、帰りの交通手段を確保しておくことが大切です。

タクシーの予約や友達と一緒に帰るなど、帰りの交通手段を確実にしておきましょう。

また、飲み会の場で誰かにつきまとわれたり、ストーカー行為を受けた場合には、すぐに周りの人に相談することが必要です。

はめを外し過ぎない

飲み会では、普段のストレスを発散することもできます。しかし、はめを外し過ぎると、後で後悔することになります。自分がやりたいことを我慢する必要はありませんが、自分や他人に迷惑をかけるような行動は避けましょう。

特に、大学生だとビールのピッチャーの一気飲みやコールで飲ませるといった悪ノリがあります。節度のない行動は、周りの人に迷惑をかけます。

楽しむことは大切ですが、他人に迷惑をかけない範囲内で楽しむことが大切です。

バイトの飲み会で交通手段がない時はタクシーがおすすめ!おすすめの配車アプリを紹介

バイトの飲み会で交通手段がない時はタクシーがおすすめ!おすすめの配車アプリを紹介

バイトの飲み会が終わり、二次会や三次会に参加した際に電車やバスが終電を迎えてしまい交通手段がなくなる場合があります。そこでタクシーを使おうといった選択肢を取る人が多いでしょう。

そこで本章では「おすすめのタクシー配車アプリ」を3つ紹介します。

  • GO
  • DiDi
  • S.RIDE(エスライド)

それぞれの特徴を解説するので、タクシーを利用の際はぜひ参考にしてください。

GO

GOは、日本最大級のタクシー配車アプリです。

全国47都道府県に対応し、24時間365日利用できます。料金の支払い方法も、クレジットカードや電子マネーなど、さまざまな方法に対応しているため非常に利便性の高いアプリです。

また、GOはタクシー会社と提携しているため、タクシーの種類やサービス内容に違いがあるなど、自分に合ったタクシーを選ぶことができます。

DiDi

DiDiは、中国で人気のタクシー配車アプリで日本では、東京都心部や京都市などでサービスを提供してアプリです。

DiDiは、利用者の位置情報を元に、近くにいるタクシーを手軽に呼ぶことができます。また、料金は事前に表示されるため、利用前に料金が把握できる点がメリットです。

さらに、DiDiは利用回数に応じてポイントがたまるため、割引利用も可能です。

S.RIDE(エスライド)

S.RIDE(エスライド)は、ソフトバンクとヤフーが共同で展開しているタクシー配車アプリです。

全国各地で利用することができます。S.RIDEは、運賃がリーズナブルであることが特徴です。

また、利用者が運転手に対して評価機能が付与されているため、運転手の質を確認できる点は大きなメリットです

まとめ:バイトの飲み会は参加するのがおすすめ

本記事では、大学生がバイトの飲み会に参加するべきか、行くことで得られるメリットを解説してきました。結論、大学生はバイトの飲み会に参加するべきです。

バイトの飲み会に参加することで、ビジネスマナーや社会人としてルールを学べるだけでなく、同僚と親睦を深められるので、日々の業務について質問しやすくなるなど仕事がやりやすくなるからです。

特に「バイトの仕事が覚えられない人」「就活をする人」などは、バイトの飲み会に参加することをおすすめします。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました