アルバイト
PR

バイトの面接が5分で終わった!早く終わった理由と採用かを判断できるポイントを紹介

バイトの面接が5分で終わった!早く終わった理由と採用かを判断できるポイントを紹介
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

「バイトを面接が5分で終わった」「何気なく終わってしまった」って不安になって悩んでいる人も多いでしょう。

そこで本記事では、バイトの面接が5分で終わって不安な人に向けて、早く終わった理由を紹介します。

また、採用なのかを判断できるポイントも解説するので、この記事を読めば不安が解消できます。面接が早く終わり過ぎて不安で仕方がない人は、ぜひ最後までお読みください。

また、下記記事では「バイトの面接で面接官が取る脈あり行動」を紹介しています。面接が終わって合格の可能性が高い行動を知りたい人は、合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
【これをされたら脈あり】バイトの面接で脈ありの場合にされる行動を5つ紹介!
【これをされたら脈あり】バイトの面接で脈ありの場合にされる行動を5つ紹介!

バイトの面接が5分で終わった理由4選

バイトの面接が5分で終わった理由4選

バイトを始めるためには面接を受けることが必要なことが多いですが、中には面接が5分で終わってしまうこともあります。そこで今回はバイトの面接が5分で終わってしまう理由を4つ紹介します。

  • 面接官があらかじめ質問を考えていた
  • スケジュールが厳しかった
  • 採用かの判断が早く終わった
  • 人手不足で誰でも良かった

それぞれの順に詳しく解説していきます。

面接官があらかじめ質問を考えていた

面接官があらかじめ質問を考えていると要点のみしか聞かれないため、面接が5分で終わってしまうことがあります。例えば「志望動機はほとんどの人が同じだから省く」などの考えを採用者が持っていた場合です。

アルバイトでは企業の面接とは異なり、とにかく誰でもいいから人手が欲しいことが多く、知っておきたいのは働ける時間だけというのも珍しくありません。

店舗の採用目的にもよりますが、特に人手不足で採用基準がない場合は面接が5分で終わる傾向があります。

スケジュールが厳しかった

面接が5分で終わる理由の2つ目は面接官のスケジュールが厳しかったからです。

面接を受けた店舗が非常に混んでいて、スタッフが忙しそうに働いていた場合、面接官もすぐにヘルプに行かなければならなかったと考えられます。

そのため、面接が短くなってしまうのです。

採用かの判断が早く終わった

バイトの面接が5分で終わってしまう理由は、採用かの判断が早く終わったからです。

応募者が多く、採用かどうかの判断を早く下す必要がある場合には、面接が5分で終わってしまうことがあります。

その場合、採用するという判断が早く下ったために、面接が短くなってしまった可能性があります。

人手不足で誰でも良かった

採用する人手が不足している場合、面接が5分で終わってしまうこともあります。

人手不足が深刻で、誰でも採用するつもりだったからです。特に飲食店だと高校生や大学生などの学生は3月に退職してしまうため、人手不足に悩んでいる傾向があります。

そのため、面接官も採用するかどうかを判断するために、簡単な質問をして、すぐに面接を終了してしまうのです

バイトの面接が5分で終わった!採用かの判断ができるポイント3つ

バイトの面接が5分で終わった!採用かの判断ができるポイント3つ

バイトの面接が短時間で終わってしまった場合、採用されたかどうか不安になることがあります。そこで以下では、面接が短くても採用の可能性があるポイントを3つ紹介します。

  • 面接官の反応が薄くなかったか
  • 採用後の流れや仕事の説明があったか
  • 申込書や制服のサイズを聞かれたか

それぞれ具体的に解説していきます。

面接官の反応が薄くなかったか

面接官の反応は、採用の可能性に大きく影響します。そのため面接官があなたの話に耳を傾け、質問に真剣に答えていた場合、採用される可能性が高いです。

逆に、面接官が態度が冷たかったり、面接時間内に他のことで忙しそうだった場合は、採用の可能性が低くなる可能性がある。

例えば面接官が話に興味を示し、意見を聞いてくれたり、経験やスキルを深堀りしたりしてくれた場合、採用の可能性が高いと考えられます。また、面接官が笑顔で接してくれたり、積極的に話を広げてくれた場合も、採用される可能性が高いです。

採用後の流れや仕事の説明があったか

面接が終わった後、採用後の流れや仕事の説明があった場合、面接官はあなたを採用するつもりである可能性が高いです。

例えば、面接官が採用後の研修やトレーニングについて説明してくれた場合や職場の雰囲気や仕事内容を詳しく説明してくれた場合、採用される可能性が高いと考えられます。

また、面接官が面接中に職場に必要スキルについて詳しく説明してくれた場合も、あなたに目星を付けているため、採用される可能性が高いです。

ただし、あなたに将来性があると思われ力を付けて欲しいために発言した可能生もあるので、話の前後をよく聞き「採用はしない」といった文言がないかを確認しましょう。

申込書や制服のサイズを聞かれたか

面接が短かった場合でも、申込書や制服のサイズを聞かれた場合、採用される可能性が高いです。

申込書や制服のサイズは働くために必要なことであるため、面接官は採用するつもりである可能性が高いと考えられます。

そのため、仕事で必要なことを聞かれた場合は、採用される可能性が高いと判断できます。

バイトの面接が5分で終わったら不採用?不採用になる可能性が高い行動3選

バイトの面接が5分で終わったら不採用?不採用になる可能性が高い行動3選

前半ではバイト面接が採用された特徴を紹介しました。そこで本章では不採用になる可能性が高い面接官の行動を以下の3つ紹介します。

  • 首をかしげていた
  • 回答中に「簡潔に話してほしい」と言われた
  • 質問が淡々としていた

自分が不採用になったか不安な人は、ぜひ参考にしてください。

首をかしげていた

面接官が首をかしげていると、興味を持ってもらえていない可能性があります。首をかしげることは相手への嫌悪感や不快感を感じている可能性の高い仕草だからです。

また、表情も大切です。面接官の反応が薄く、笑顔が少ない場合は不採用になる可能性があります。

とはいえ、人の性格の問題や店舗の雰囲気で変わることもあるので、あくまでも1つの目安として覚えておきましょう。

回答中に「簡潔に話してほしい」と言われた

面接官が「簡潔に話してほしい」と言う場合、回答が長すぎる可能性があります。長い回答は、面接官にとって退屈であり、印象を悪く捉えられている可能性があります。

そのため、回答は簡潔で明確にし具体的な例を挙げることが大切です。

また、聞かれた質問に対して関係のないことを話すのも避けましょう。回答が長くなる原因になり、面接官に不快感を与える可能性があります。回答は質問に簡潔に答えることが大切です。

質問が淡々としていた

面接官が淡々とした質問をする場合、あなたに興味がなくとりあえず面接を終わらせたい気持ちで行っている場合があります。つまり話を深堀する必要がないと捉えられているのです。

とはいえ、面接官が知りたい情報だけを事前にまとめてきている場合やすぐに判断したい場合もあるため、質問が仕事の内容だったときは必ずしも不採用ではないと言えます。

そのため、面接官が何に対して質問をしてきたのかの内容が不採用かを見極めるのに大切な要素と言えるでしょう。

バイトの面接が5分で終わったからと言って不採用になるわけではない

バイトの面接が5分で終わったからと言って不採用になるわけではない

多くの人が、バイト面接の時間が短い場合は採用されないと考えがちですが、実際は正しくありません。

面接時間が短いからといって採用されないことはありませんし、逆に面接時間が長くても採用されないこともあります。

採用決定は、面接官が応募者のスキルや経験を評価するかによって決まるため、面接時間自体が決定要因になるわけではありません。特にバイトの場合は働ける時間が多いが決め手になることがあります。

そのため、面接が5分で終わって心配をしている人は必ずしも不採用ではないことを覚えておきましょう。

【合格できる】バイトの面接で不採用になったら取るべき行動

先ほどバイトの面接が5分で終わったからと言って不採用になる確率は低いと言いました。とはいえ、仮に不採用になったことを考えておくことは大切です。

そこで本章では「面接で不採用になったときに備えて取るべき行動」を3つ紹介します。

  • 次のバイトの候補を探す
  • 客観的に見て何がいけなかったかを振り返る
  • 志望動機や質問への回答を考え直す

不採用か不安で仕方がない人はぜひ参考にしてください。

次のバイトの候補を探す

バイトの面接に不採用になることも考えて次のバイトの目星を付けておきましょう。

求人情報サイトをチェックしたり、知人からの紹介で職場を探してみるのがおすすめです。特に「タウンワーク」や「タイミー」などのアプリを使用すれば隙間でバイトが探せます。

また、自分が本当にやりたい仕事や、自分に合ったバイトが何かを考えてみることも大切です。自分が興味を持っている分野や、自分のスキルに合ったバイトを探すことで、面接での自信にもつながります。

合否を待っていて時間のあるときだからこそ、できることをしておきましょう。

客観的に見て何がいけなかったかを振り返る

不採用になった理由を知るために、客観的に自分の面接を振り返りましょう。

面接をしていた時には気づかなかった点が見つかるかもしれません。例えば、返答が不十分だった、履歴書に記載したスキルが足りなかった、服装が不適切だったなどが考えられます。

しかし自己否定するのではなく、長所や短所を正確に把握しましょう。自分が持っているスキルや経験を自信を持ってアピールすることも大切です。

また、不採用になった場合には面接官からのアドバイスを聞いてみるのも1つの方法です。

志望動機や質問への回答を考え直す

面接での不採用の理由は、志望動機や質問への回答に問題があった場合が多いです。

そのため、面接前に自分自身の志望動機や職場での働き方について考えておくと良いでしょう。また、自己分析を行い、自分の強みや弱みを把握することも大切です。

自己分析をすることで、自分が何を求め、どのような職場で働きたいのかを明確にできます。また、自分の強みや弱みを把握することで、どのようなスキルを磨く必要があるのかを考えられます。

バイトが見つからない人におすすめのアプリ

バイトが見つからない人におすすめのアプリ

バイトを探すとき自宅周りにチラシが貼ってないか、友人に聞いたりしている人も多いでしょう。しかし、効率は良くありません。そこでおすすめなのが求人アプリです。

本章では「手軽に誰でも使える求人アプリ」を2つ紹介します。

バイトが見つからない人や効率良く探したい人はぜひ最後までお読みください。

タウンワーク

タウンワークは、リクルートが運営する求人サイトです。アルバイトから正社員まで、あらゆる雇用形態の求人が掲載されています。

タウンワークの特徴は、地域密着型の求人情報を提供している点です。地元の企業や小規模事業所の求人情報が充実しており、地元密着型のアルバイトを探せます。

また、アルバイトシフトの希望を出すことができるので、自分に合った働き方ができます。

タイミー

タイミーは、バイト募集情報を地図上に表示するアプリです。マップ上にピンを立てて、募集しているバイトの種類を一覧で見られます。

タイミーの特徴は、現在地から近いバイト募集情報を簡単に見つけられる点です。また、募集しているバイトの種類も多岐にわたっており、自分にあったバイトを見つけられます。

まとめ:バイトの面接が5分で終わっても問題ない

本記事では、バイトの面接が5分で終わった理由と採用できるかのポイントを解説しました。

結論、面接時に仕事の話をされているかどうかが大きなポイントです。そのため面接が5分で終わっているどうかは、問題ではありません。

面接が5分で終わったからといって過度に落ち込まずに、仮に落ちてしまったことを前向きに捉えて面接の反省などやれることをやりましょう。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました