アルバイト
PR

飲食店のバイトで要領が悪いと困っている人におすすめの対処方法を徹底解説

飲食店のバイトで要領が悪いと困っている人におすすめの対処方法を徹底解説
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

飲食店のバイトをしているけど仕事が早くこなせない

要領がどうしても悪くなってしまう

といった悩みを持っている人も多いでしょう。

そこで本記事では、飲食店のバイトで要領が悪い原因と対処方法を解説します。

結論、原因は【仕事が覚えられていない】【飲食店バイトが向いていない】の2つです。

したがって、意識・行動を変えるか、バイトを変更することが対処方法と言えます。

バイトに関しては要領関係なくこなせる、以下のバイトがおすすめです。

バイト名おすすめ度おすすめの求人アプリ
データ入力★★★★★アルバイトEX
プールでの監視員★★★★☆タウンワーク
ティッシュ配り★★★★☆アルバイトEX

本記事では対処方法だけでなく、バイトを変えたい人の解決もしているので、ぜひ最後までご覧ください。

飲食店のバイトで要領が悪い原因

飲食店のバイトで要領が悪い原因

本章では「飲食店のバイトで要領が悪くなってしまう原因」を3つ紹介します。

  • 仕事に優先順位をつけられていない
  • 仕事を覚えていない
  • 緊張しすぎて仕事でミスをしてやるべきことが増える
  • コミュニケーション能力が足りていない

それぞれ順に解説していきます。

仕事に優先順位をつけられていない

仕事では常に優先順位が存在し、要領が悪い人は、優先順位の判断が下手な傾向があります

例えば、接客をする際に要領の【良い人】と【悪い人】の違いは以下の通りです。

要領の良い人要領の悪い人
注文を取った後についでにテーブルの片付けする注文を取ってから他の作業をしない

つまり、要領の悪い人は、二度手間を頻繫にしてしまい時間を無駄にしてしまう傾向があります。結果、仕事の進捗が遅れてしまうのです。

そのため、仕事の優先順位を常に意識して仕事に取り組みましょう。

仕事を覚えていないから判断が遅くなる

要領が悪い原因は、仕事を覚えていないからです。

飲食店でのバイトは、調理方法や注文の取り方といった様々な業務にマニュアルがあります。つまり、仕事の流れや手順を覚えないと業務ができません。

結果、判断が遅くなり、ミスも増えてしまいます。

対策方法はメモを取ること、先輩に質問することです!

また、自分自身で仕事の流れを意識し、自宅で繰り返しイメージ練習することのも効果的です。

緊張しすぎて仕事でミスをしてやるべきことが増える

飲食店のバイトは、お客さんを相手にする仕事なため、緊張することも少なくありません。

しかし、緊張しすぎると仕事でミスをしてしまい、結果的にやるべきことが増えてしまいます。緊張を緩和するためには、深呼吸やリラックス方法を身につけることが有効です。

また、自分ひとりで抱え込まず、周りのサポートを受けることで、緊張を軽減し、要領よく仕事を進められます

コミュニケーション能力が足りていない

要領が悪いと感じる原因として、コミュニケーション能力の不足が挙げられます。

飲食店バイトは周りからの協力も得て、仕事を円滑に進めなければなりません。つまり、他のスタッフへのお願いや助けを求められるコミュニケーション能力は必須

仮にコミュニケーション能力が足りていないと、他のスタッフに頼むことができず、業務の効率性や品質に影響が出てしまいます。

コミュニケーション能力が不安な人は、以下アプローチがおすすめです。

  • 上司から頼まれたことを主張する
  • 他の業務で忙しいことを伝える

飲食店のバイトは一人の仕事が進んでいないと、他のスタッフにもクレームが行くなどの影響を及ぼします。

そのため、緊急性を伝えれば手伝ってくれる人が多くいます。

飲食店のバイトで要領が良くなるための対処方法

飲食店のバイトで要領が良くなるための対処方法

本章では「要領が悪い時の対処方法」を3つ紹介します。

  • 仕事を覚える
  • 常に次の動きを意識する
  • 同僚やマネージャーに助けを求める

それぞれ詳しく解説していくので、要領が悪いことで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

仕事を覚える

仕事が覚えられないことが原因で要領が悪い人は、同僚やマネージャーへ相談しましょう。

彼らは経験豊富なため、仕事のやり方やポイントを教えてくれます。

例えば、注文の取り方や料理の提供方法など、具体的なタスクに関するアドバイスを提供してくれます。

そのため、遠慮せずに質問し、アドバイスを受け入れましょう。結果、仕事を効率的にこなすことができるようになります。

常に次の動きを意識する

飲食店のバイトでは、常に次の動きを意識しましょう。

例えば、注文を受けた後はすぐにキッチンに伝えるなど、次のステップに移る準備をするなどが挙げられます。常に次の動きを意識することで、効率的に仕事を進められます

また、周りの状況を常に把握し、必要な動きを的確に行うことも重要です。飲食店のバイトでは周りへの気配りも大切なので必ず意識しましょう。

同僚やマネージャーに助けを求める

時には、自分だけでは対処できない状況に直面することもあります。

要領が悪いことが改善されない場合は、迷わず同僚やマネージャーに助けを求めましょう。彼らはチームの一員として、お互いをサポートするために存在しています。

例えば、大量の注文が入って忙しい時や、トラブルが発生した時など、すぐに助けを求めることで円滑な業務運営ができます。遠慮せずに相談し、協力しながら問題を解決しましょう。

要領が悪い時は他のバイトに変える

飲食店のバイトで要領が悪い場合は他のバイトに変えるのも1つの方法

本章では「要領が悪いと怒られる人に向けてバイトを変えるべき理由」を紹介します。

  • 飲食店のバイトが合っていない可能性がある
  • モチベーション維持が難しい

それぞれ順に解説していくので、ぜひ参考にしてください。

飲食店のバイトが合っていない可能性がある

要領が悪いと感じる原因は、飲食店のバイトが自分に合っていないからです。

仕事の性質や環境が自分に合わない場合、以下のデメリットがあります。

  • 効率的に仕事をこなせない
  • ミスが多発する

したがって、自分のスキルや興味に合ったバイトを見つけることで、仕事に対するパフォーマンス向上が見込めます

モチベーション維持が難しい

要領が悪いと感じると、仕事が円滑にできなくなるため、仕事が楽しくなくなることがあります。

苦手な仕事や上手くできない業務に取り組むと、ミスが増えるためモチベーション維持が難しくなります!

また、上司から怒られる回数も増えるので、よりモチベーションが低下する可能性が高まります。

そのため、自分の得意な仕事や興味のある業務を見つけることが非常に大切です。

要領が悪い人でもできるおすすめのバイト

要領が悪い人でもできるおすすめのバイト

本章では「要領が悪くて悩んでいる人に向けておすすめのバイト」を3つ紹介します。

  • データ入手
  • プールの監視員
  • ティッシュ配り

それぞれのバイトの特徴とメリットなどを解説していきます。

データ入力

データ入力は、要領が悪い人でもできるおすすめのバイトです。

基本的なコンピュータスキルが必要ですが、特別な知識や経験は必要ありません。単純な作業であり、指示に従ってデータを入力するだけです。

キーボードを打つことができれば、誰でも始めることができます。データ入力の仕事は、オフィスワークの一環として需要があり、在宅ワークなど柔軟な働き方ができるため、学生や主婦の方にも人気があります。

プールの監視員

プールの監視員は、要領が悪い人にも向いているおすすめのバイトです。

一定の資格を取得する必要がありますが、基本的なルールを守り、プールの安全を確保する仕事です。

プールの監視員の仕事は、泳ぐ人々の安全を守ることが主な役割です。要領よく動けなくても、集中力と責任感があれば十分にこなすことができます。

プールの監視員として、人々の安全を守ることにやりがいを感じることができるでしょう。

ティッシュ配り

ティッシュ配りは、要領が悪い人でもできるおすすめのバイトです。

シンプルなタスクであり、人々にティッシュを配るのが業務です。コミュニケーション能力や接客スキルは必要ありません。

要領良く動けなくても、笑顔で丁寧にティッシュを配ることができれば誰でもこなせる仕事です。また、比較的楽なので、非常におすすめのバイトと言えます。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました