アルバイト
PR

バイト面接がスーツだとおかしい?面接官に抱かれる印象とおすすめの服装を紹介

バイト面接がスーツだとおかしい?面接官に抱かれる印象とおすすめの服装を紹介
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

正社員や派遣社員などとは異なり、バイトの面接だと「服装は何でも良い」と言われることが多くスーツで行くべきかで悩んでいる人は多いでしょう。

結論、スーツはおかしくありません。むしろメリットの方が多いと言えます。

そこで本記事では、スーツで面接にいくことで面接官に抱かれる印象やメリットなどを解説しますまた、スーツがない高校生や大学生に向けておすすめの服装も記載しているので、ぜひ最後までお読みください。

また、下記の記事ではバイトの面接に合格して「着替えありの初バイトは何分前に到着するべき」か悩んでいる人に向けて、到着すべき時間を解説していきます。これから合格して悩む可能性がある人は、ぜひ本記事と合わせてお読みください。

バイト面接がスーツだとおかしい?面接官に抱かれる印象

バイト面接がスーツだとおかしい?面接官に抱かれる印象

スーツを着ていくことで面接官に抱かれる印象は様々です。本章ではスーツを着用することで抱かれる印象を以下の2つ紹介します。

  • 誠実な人である
  • 時間・社内のルールを守れる

それぞれ具体的に解説していくのでバイトの面接でスーツを着ていこうとしている人は、ぜひ参考にしてください。

誠実な人である

バイトの面接にスーツで行くことで面接官に誠実な人であると捉えられることがあります。誠実とは、素直に人の意見を聞けたり、間違いを正直に申告できたりすることです。

バイトの面接は基本的にスーツで来るよりも、私服で受けに来る人の割合が多いからです。

また、誠実な人であるかは、バイトの面接項目に含まれていることが多い傾向があります。アルバイトは、顧客に対して誠実な対応が求められるだけでなく、マニュアルに沿った業務ができるかが大切だからです。

時間・社内のルールを守れる

バイト面接をスーツで行くと時間や社内のルールを守れる人と認識されることがあります。

日本では、スーツは社会人としてのマナーと企業や採用者から認識されていることが多く、ビジネスマンであれば、面接はスーツと定められているからです。

また、スーツをバイトの面接で着用していくということは「ルールを守れる人なのでは?」といった印象を与え、遅刻や無断欠勤をしない人と捉えられることがあります。

アルバイトは、高校生や大学生から軽く見られがちなので時間や社内ルールを守らないケースが頻繁に起こります。そのため、アルバイト先は時間やルールを守れるかどうかも判断しているのです

そこでスーツを着ていくことでルールを守れる人と印象を抱かれることがあります。

バイト面接がスーツはおかしくない!スーツを来ていくメリットを紹介

バイト面接がスーツはおかしくない!スーツを来ていくメリットを紹介

バイト面接でスーツを着ていくと「浮くのでは?」「不信感を抱かれる?」などのネガティブなイメージしか湧かない人も多いでしょう。しかし、実はスーツを着ていくことで様々なメリットがあります。

そこでは本章では「スーツを着てバイトの面接に臨むメリット」として以下の5つを紹介します。

  • 他の人との差別化になる
  • 面接官との話の話題になる
  • 好印象なイメージから面接を行える
  • 仮に合格したときに同僚との話のきっかけになる
  • 前日に服装で心配する必要がない

スーツを着て面接に行こうか迷っている人やスーツを着ていくメリットを知りたい人は、ぜひ最後までお読みください

他の人との差別化になる

バイトの面接には多数の応募者が集まることがあります。その中でスーツを着用している人は少なく、着ていくだけで面接官の印象に残りやすくなります。

また、スーツはビジネスマナーの一つであり、面接をする場所での服装としては最も適切なものの一つです。面接官に自分の意欲や真剣さをアピールするためには、スーツを着用することが効果的な方法と言えます。

「他の人が着ていないから浮く…」ことをデメリットとして見ている人が多いですが、裏を返すと他者との差別化ができることを意味します。そのため、スーツを着て目立つのはメリットと言えるでしょう。

面接官との話の話題になる

2つ目のメリットは面接官との話題のネタになるからです。

スーツを着用していることで、面接官も珍しい印象を抱き「なんでスーツなの?」といった質問をされることがあります。ほとんどの人がバイトの面接は私服で挑むからです。

また、面接官のスーツで来た質問に対する問いを答えていると、緊張がほぐれ、面接に良い影響を与えるメリットもあります。

さらに面接官の問いに対して「本日は私も真剣な気持ちを持って臨みたいと思いスーツで来ました」「ビジネスマナーを守ることは人として大切だから」といった、今回の面接が大切であることをアピールできれば、面接官へ好印象を与えられるきっかけにもなり得ます

好印象なイメージから面接を行える

スーツは、ビジネスマナーの一つです。

そのため、スーツを着用すると面接官に好印象を与えることがあります。また、スーツを着用することで、自分自身に対する自信を持つことができ、面接を自分のペースで進められます。

加えて、スーツを着用することで、あなたが真剣に取り組んでいることをアピールすることが可能です。特にアルバイトはスキルではなく、時間やマニュアルをしっかりと守れる人であるかを重視することが多いため、スーツはアピールするために有効な方法と言えます。

仮に合格したときに同僚との話のきっかけになる

バイト面接に合格した後、同僚と話すことがあります。そこで面接時にスーツを着てきた物珍しさから話かけられるきっかけになるかもしれません。

スーツは、一般的に正装として認識されているものの、アルバイトではほとんどの人が私服で臨みからです。そのため、他の人からすると「なんでスーツで挑んだのか」「どういう考えだったのか」などを疑問に感じるのです。

特にバイトに入りたては、何を話していいか分からないことも多いため、面接にスーツを着て行って話題のネタを増やすのは有効な手段と言えます。

前日に服装で心配する必要がない

スーツを選ぶことで前日に服装で心配するなどの、無駄な時間を過ごさないで済みます。スーツはビジネスだけでなく、冠婚葬祭やお祝いの場など様々な場面で正装と定められているからです。

バイト面接は前日は様々なことで心配する人が多くいます。特にバイトの面接は「自由で良い」などと決まりがないため、前日になって服装が正しいかを確認する人は多いでしょう。

しかし、スーツを選べば前日から服装について考える必要がありません。そのため、前日から気を遣う必要がなくなるため、心身ともにリラックスして面接に臨めます。

【スーツがない人必見】バイト面接でおすすめの服装

【スーツがない人必見】バイト面接でおすすめの服装

バイト面接に向けて、服装が適切なのか迷ってしまうこともあるでしょう。特にスーツを持っていない高校生や大学生は、どのような服装が適切なのか分からないかもしれません。

そこで本章では「スーツを持っていない人に向けてバイト面接におすすめの服装」を2つ紹介します。

具体的にどういった部分がおすすめなのか解説するので、バイトの面接に着ていく服装で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

襟つきのTシャツに黒スキニー

襟つきのTシャツに黒スキニーは、清潔感がありカジュアルでありながら、きちんとした感がでるため、バイト面接に適しています。

Tシャツは無地のものやシンプルな柄のもの。

黒スキニーはTシャツと相性が良く、シンプルでスタイリッシュな印象を与えるため、合わせやすいアイテムです。靴は、スニーカーや黒色のローファーがおすすめです。

無地の白Tシャツに黒スキニー

無地の白Tシャツに黒スキニーは、清潔感があり、爽やかな印象を与えるため、バイト面接におすすめです。Tシャツは無地のもので、柄物や文字入りのものは面接に不適切とされることがあるため、避けることをおすすめします。

また、襟付きと同様に黒スキニーは合わせやすいアイテムです。靴は、黒色のローファーやスニーカーがおすすめです。

バイト面接で服装を選ぶときのポイント

バイト面接で服装を選ぶときのポイント

面接官に良い印象を与えるためにも、バイト面接で服装を選ぶときにもポイントがいくつかあります。本章では「バイトの面接で服装を選ぶときのポイント」として以下の3つを紹介します。

  • 華美な服装ではなくシンプルな服装にする
  • ジャージや短パンなどラフなコーデは避けるべき
  • ピアスやネックレスなどのアクセサリーをつけない

それぞれ具体的に解説していきます。

華美な服装ではなくシンプルな服装にする

面接での服装は、あまり派手すぎず、清潔感のあるシンプルな服装が好ましいです。

派手な色やデザインの服装は、面接官に不快感を与えることがあるからです。また、清潔感がない服装は、あなたが面接に対して真剣に取り組んでいない印象を与えてしまいます。

例えば、Tシャツにデニムパンツなどのカジュアルな服装は避けた方が良いでしょう。代わりに、白いシャツに黒いパンツといった、清潔感があるシンプルな服装がおすすめです。

ジャージや短パンなどラフなコーデは避けるべき

バイト面接において、ジャージや短パンなどのラフなコーディネートは避けた方が良いです。

面接官に面接に適していない服装を着てくる、非常識な人間だと思われることがあります。また、あなたがバイトに真剣に取り組んでいる印象を与えることができません。

代わりに、ジャケットやカーディガンなどの上着を羽織って、大人っぽい印象を与えると良いでしょう。また、パンプスやローファーなどの靴を履くことで、より良い印象を与えられます。

ピアスやネックレスなどのアクセサリーをつけない

バイト面接において、ピアスやネックレスなどのアクセサリーは避けた方が良いです。アクセサリーは、面接官に不適切だと思われマイナスな印象を持たれることがあるからです。

そのため、アクセサリー類は付けて行かないようにしましょう。ただシンプルな腕時計は例外です。

とはいえ、腕時計を付けることでプラスな印象を持たれることも少ないため、特別な理由がない限り付けていかなくて方が無難でしょう。

バイトの面接で意識するべき身だしなみのチェックポイント

バイトの面接で意識するべき身だしなみのチェックポイント

バイトの面接に行く前に、身だしなみのチェックはしっかりと行いましょう。面接官に与える第一印象は非常に重要です。以下のチェックポイントを確認して、面接での成功を目指しましょう。

  • 髭は剃っているか
  • 髪は目にかかっていなくて派手な色でないか
  • 体臭は大丈夫か
  • 服にシワはないか

それぞれ順に解説していきます。

髭は剃っているか

男性の場合、髭を剃っているかどうかは非常に重要です。

髭が生えていることで、面接官に清潔感がないと捉えられる可能性があるからです。そのため、面接の前日に剃っておくことをおすすめします。

また、ひげを生やすことが許されるバイトの場合でも、清潔感のある髭にすることが大切です。整えられた髭は、面接官に自信を与え、好印象を与えられます。

髪は目にかかっていなくて派手な色でないか

バイトの面接では、髪の毛が目にかかっていると印象が悪くなってしまいます。

また、派手な色の髪の毛も好ましくありません。髪型は清潔感があり、落ち着いたものにしましょう。

特に飲食店のバイトへの応募の場合、異物混入などが起きにくいように長髪は不採用にするなどを考えていることが多いため、注意が必要です。髪が長いときや髪色が派手な場合は、清潔で整ったヘアスタイルにすることが大切です。

体臭は大丈夫か

面接中に体臭がすると、面接官に不快な印象を与えてしまいます。

面接前に必ずシャワーを浴び、清潔な服を着用しましょう。また、香水やデオドラントスプレーを使用することもおすすめです。

ただし、香りが強すぎると面接官に不快感を与える場合もあるため、少量の使用にとどめましょう。また、煙草を吸う人は、面接前には必ずタバコの匂いを取り除くようにしましょう。

服にシワはないか

最後に、服装にも気を配りましょう。服にシワがあると、だらしない印象を与えてしまうからです。

また、だらしない印象を持たれると「普段の生活が汚いのか」と思われることに加えて「ルールを守れない人かも」といった印象を抱かれる可能性があります。

特にアルバイトではスキルではなく、ルールを守れる人なのかを重視されます。マイナスな印象を与えないためにも面接の前日には、服をアイロンかけしておくことをおすすめします。

まとめ:バイト面接でスーツはおかしくない寧ろマイナス面がない

本記事では、バイトの面接がスーツだとおかしいのかどうかを解説してきました。結論、バイトの面接でスーツはおかしくありません。寧ろ、恥ずかしい以外のデメリットがなく、他者との差別化や面接に好印象を与えるなどメリットの方が多くあります。

ただし、アパレルといった服を売る仕事の場合は、ファッションセンスなども評価項目に入っていることもあるため例外です。

基本的にはスーツで面接に臨んでも問題はないため、自信を持っていきましょう。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました