アルバイト
PR

バイトに落ちると病む!バイトで落ちないための方法とメンタルの保ち方を徹底解説

バイトに落ちると病む!バイトで落ちないための方法とメンタルの保ち方を徹底解説
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

バイトに応募しても合格しないとメンタルが病んでしまうものです。そこで「面接に落ちない理由を知りたい」「メンタルの保ち方を知りたい」などと悩んでいる人も多いでしょう。

本記事では、バイトで落ちないための方法とメンタルの保ち方を紹介します。

面接に落ちてしまって辛い人や改善点が分からない人は、ぜひ参考にしてください。

また、下記記事では「面接が5分で終わってしまった人に向けて」早く終わった理由を解説しています。面接があっさり終わって合格しているか不安な人はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
バイトの面接が5分で終わった!早く終わった理由と採用かを判断できるポイントを紹介
バイトの面接が5分で終わった!早く終わった理由と採用かを判断できるポイントを紹介

【病む】バイトの面接で落ちないための方法5つ

【病む】バイトの面接で落ちないための方法5つ

バイトの面接に何度も落ちてしまうと自信が持てなくなってしまうでしょう。そんな経験は誰にでもあるものですが、気にしないでください。ここでは、バイトの面接で落ちないために必要な5つのポイントをご紹介します。

  • 履歴書に不備がないか確認する
  • 働ける時間が1日1時間など短時間ではないこと
  • 遅刻をしない
  • 志望動機で楽だから・待遇が良いなどを言わない
  • ハキハキと笑顔で面接をする

それぞれ順に解説します。

履歴書に不備がないか確認する

面接前には、応募先の求人票に書かれた条件を確認しましょう。加えて応募書類に不備がないか、必ずチェックしてください。

不備があると、自分自身の信頼性が下がる可能性があるからです。

また、手書きの履歴書を提出する場合は、字が読みにくくならないよう丁寧に書くようにしましょう。

働ける時間が1日1時間など短時間ではないこと

アルバイト先からすると、1日1時間の勤務はあまりにも短すぎます。

採用する側としては多く働ける人を求めています。でないと人件費で不利益を被ってしまうからです。そのため、働ける時間が極端に短いと分かった時点で不合格になってしまう可能性があります。

したがって、アルバイトに合格したければ、働ける時間帯が広いことをアピールしましょう。ただし、嘘はいけないので、必ず自分の対応できる範囲で伝えることが大切です。

遅刻をしない

面接時間に遅刻をしてしまうと、採用担当者に大きなマイナスイメージを与えます。

遅刻をしてしまうと「社会人マナーができていない人」「仕事でも遅れてきそう」などと思われてしまうからです。

そのため、遅刻は絶対にしないように交通手段や所要時間も考慮して、時間に余裕を持って出発しましょう。また、もし遅刻しそうな場合は、事前に電話などで連絡し、遅れる旨を伝えることがマナーです。

志望動機で楽だから・待遇が良いなどを言わない

アルバイトをする理由は人それぞれですが、面接で「楽だから」「待遇が良いから」といった理由を述べるのは避けましょう。

採用担当者が聞くと「アルバイトに対して本当にやる気があるのかどうか」疑問に思う可能性があるだけでなく、ネガティブなイメージを持たれるからです。

そのため自分がどういった理由でアルバイトに応募したのかを「週に何度も通っているから」など具体的な理由を話すようにしましょう。

ハキハキと笑顔で面接をする

面接で印象を良くするためには、ハキハキとした態度と笑顔が大切です。採用担当者は、元気で明るい人物であるかどうかを見ています。なるべく自然な笑顔を心がけましょう。

また、質問に対してははっきりと回答し、分からないことがあれば素直に「わからない」と言うなど誠実な態度を心がけましょう。

特に第一印象は非常に大切で面接の鍵を握っていると言っても過言ではありません。そのため、笑顔の練習や発声の練習などをして合格率を少しでも上げる努力をしましょう。

バイトで落ちるときに絶対に病まない!メンタルの保ち方を紹介

バイトで落ちるときに絶対に病まない!メンタルの保ち方を紹介

バイトで落ちることは誰にでもあります。しかし、その失敗から立ち直ることができるかどうかは、メンタルの保ち方を知っているかにかかっています。

ここでは、バイトで落ちたときにメンタルを保つための方法を以下の5つ紹介していきます。

  • バイトは種類が豊富だから次受かる
  • 縁が無かったのだと考える
  • 次の面接で活かせる部分を探す
  • 相手の求めているシフトと合わなかっただけ
  • 諦められないなら再挑戦すればいい

バイトは種類が豊富だから次受かる

バイトはたくさんの種類があります。自分が受けたバイトが不合格だったとしても、他にも様々なバイトがあることを忘れないようにしましょう。自分に合ったバイトを見つけるためにも、積極的に情報収集を行い、次のチャンスに備えましょう。

バイトを探す際には「タウンワーク」やタイミーなどの求人情報サイトやアプリの活用がおすすめです。また、バイト先の口コミサイトをチェックすることで、実際に働いている人たちの声を聞くことができます。

自分に合ったバイトを見つけるためにも情報収集は非常に大切です。

縁が無かったのだと思う

バイトの面接では、理不尽な理由で落ちることがあります。言い換えれば、自分に縁が無かったと考えられます。そのため、縁が無かったことを受け止め、自分に合ったバイトを見つけるためにリフレッシュする時間を取ることも大切です。

また、バイトには職種や業界ごとに求められるスキルや経験が異なります。自分が持っているスキルや経験とマッチしなかった場合、落ちることもあります。

しかし、自分に足りないスキルや経験を身につけることで、次のチャンスで採用されることもあります。自分に縁が無かったと思うことで、自分の成長に繋げましょう。

次の面接で活かせる部分を探す

バイトの面接に落ちたとしても、経験は無駄になりません。

今回の失敗から学んだことを活かし、次の面接でより良い面接のきっかけになります。そのため、自分がどこで失敗したのかを反省し、次に活かせる部分を探しましょう。

例えば以下のようなことが挙げられます。

  • 自己紹介や志望動機の表現がうまくできなかった
  • 聞かれた質問に答えられなかった
  • 声が小さかった

自分が失敗した原因を明確にし、次に活かせる部分を見つけましょう。また、事前に友人や家族と模擬面接を行うことで、自己分析や課題の発見につなげられるのでおすすめです。

相手の求めているシフトと合わなかっただけ

バイトによっては、相手の求めているシフトが自分に合わないことがあります。

その場合、自分に合ったシフトのバイトを探すことも考えましょう。また、自分の生活スタイルに合わせて働くことで、ストレスを減らしメンタルを保てます。

シフトに関しては、バイト先によって求められるシフトが異なるため友人やネットで調べるなど事前のリサーチが大切です。また、タウンワークやマッハバイトでは条件がすでに記載されているので、手間をかけずに相手が求めている時間が分かります。

調べるのが手間な人は、利用してみてください

諦められないなら再挑戦すればいい

最後に、諦められない場合は、再挑戦することも大切です。

自分に合ったバイトを探しながら次のチャンスに備えましょう。バイトで落ちることは誰にでもあることですが、失敗から立ち直ることができるかどうかは、自分次第です。

そのため、バイトで落ちたとしても、諦めずに挑戦し続けることが大切です。自分に足りない部分を改善し続けることで、次のチャンスで成功できます。

バイトに落ちて病むのは物事に対する期待値が高いから

バイトに落ちて病むのは物事に対する期待値が高いから

バイト面接に落ちることは誰にでもあることです。しかし、心が病んでしまうのは、自分の期待値が高いからだと言えます。自分自身が抱いている期待値が高すぎると、失敗したときのダメージも大きくなってしまいます。

結果的に、それが自分自身を追い詰めたり、ストレスを与えることにつながるのです。

また、仮にバイトに落ちたとしても、理由が能力の問題ではなく相手の店舗状況によるものがあることを理解する必要があります。たとえば、その日の面接官の気分や、他の応募者のレベルが高かったことが原因で落ちたかもしれません。

自分の能力が全てではないことを理解し、次に向けて努力することが大切です。

どうしてもバイトに落ちて病む人におすすめの合格方法3選

どうしてもバイトに落ちて病む人におすすめの合格方法3選

バイト採用に落ちると、自信を失ってしまい、次の面接で自分の力を発揮できないことがあります。そんな方におすすめの、バイト採用に合格する方法を紹介します。

友人の紹介で面接をしてもらう

友人や知人が働いている会社にアプローチして、紹介してもらう方法です。紹介者がいることで、採用担当者からの信頼度が高まるため、面接のチャンスが増えます。また、紹介者にはあなたのことを良く知っているため、アドバイスをもらえることもあります。

友人の紹介で面接を受ける場合は、面接前に紹介者から会社の情報や面接の流れを聞いておくことが大切です。また、紹介者に感謝の気持ちを伝えることで、今後も良い関係を維持できます。

受かりたい職場の人と仲良くなる

合格したい職場の従業員と仲良くなることで、内部情報や直接的なアドバイスをもらえることがあります。また、その職場の雰囲気や仕事内容を理解することができるため、志望動機をより具体的にまとめられます。

とはいえ、知り合う方法が分からない人も多いでしょう。そこで合格したい職場の人と知り合う方法を紹介します。

  • SNSでフォローする
  • イベントに参加する
  • 応募先に定期的に通う

ただし、自分からアプローチする場合は、相手の時間やプライバシーに気を配り、失礼のないように接することが大切です。

事前に合格したい場所の商品を購入して志望動機に加える

自分が受けたい店舗が扱っている商品を購入することで、面接で語ることが求められた場合、自信を持ってアピールができます。

また、商品の良さを語ることで、企業から熱意のある応募者と良い評価がもらえることもあるでしょう。

他にも商品を購入するときは、お店や企業のサービスや接客を体験できるため志望動機が具体的になり深みがでる点もメリットです。

まとめ:バイトが落ちてしまっても病まないで良い!バイト先は豊富だから

本記事ではバイトが落ちてしまって病んでしまう人に向けて原因や対処方法を解説しました。結論、バイト先は豊富にあるので反省点を見つけて改善し、次に応募することが大切です。

また、病んでしまうのは「自分ができる人間であると」自分への期待値が高いからです。そのため、最初から落ちるつもりでいくと改善できます。

しかし、最初から不合格で良い気持ちで臨むと面接の対応が雑になることがあります。そこで一番の近道は場数を踏むこと。

「タウンワーク」や「タイミー」では豊富なアルバイトの求人を掲載しています。ダウンロードも利用料金もかからないので、求人を探している人はこの機会にご利用ください。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました