アルバイト
PR

飲食店のバイトでやらかした最大の失敗とミスしないための対処方法を徹底解説 

飲食店のバイトでやらかした最大の失敗とミスしないための対処方法を徹底解説
arubaito
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

https://blog.with2.net/link/?id=2107787

「飲食店のバイトでやらかしてしまう」「飲食店のバイトで最大の失敗を知りたい」などバイトを始めると様々な悩みがあるでしょう。

そこで本記事では、飲食店のバイトでやらかした最大の失敗を【接客】と【調理】の業務の2パターンで紹介。加えて、ミスをしないための対象方法を解説します。

ミスをなるべくしない人材を目指している人は、ぜひ最後までお読みください。

また、下記記事ではバイトでミスしてしまって悩んでいる人に向けて「失敗するときの対処方法」を紹介しています。バイトでミスばかりして困っている人は、本記事と合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
バイトで失敗ばかりの大学生必見!ミスを少なくする方法と原因を徹底解説
バイトで失敗ばかりの大学生必見!ミスを少なくする方法と原因を徹底解説

【接客】飲食店のバイトでやらかした最大の失敗を5つ紹介

【接客】飲食店のバイトでやらかした最大の失敗を5つ紹介

本章では「飲食店のバイトでやらかした最大の失敗」を接客の業務に絞って5つ紹介します。

  • 注文を間違えてしまった
  • お客様に失礼な態度をとってしまった
  • 料理をこぼしてしまった
  • 会計をミスした
  • 商品の入れ忘れ

飲食店のバイトでやらかした事例を知りたい人や自分がやらかさないための対策をしたい人はぜひ参考にしてください。

注文を間違えてしまった

飲食店の接客の業務でやらかした最大の失敗1つ目は、注文を間違えてしまったことです。

注文を間違えてしまうことは、誰にでも起こり得ることですが、大きな問題になることもあります。

私はある日、テーブルにいたお客さんからの注文を間違え、料理が遅れてしまいました。

そのため、お客さんからクレームになってしまったことがあります。この経験から、注文を受けたら必ず復唱をしてお客さんと一緒に確認するように心がけるようになりました。

お客様に失礼な態度をとってしまった

飲食店の接客の業務でやらかした最大の失敗2つ目は、お客様に失礼な態度をとってしまったことです。

接客業ではお客様に失礼な態度をとることは、決して許されません。しかし、私はある日、忙しい時にお客様に対して冷たい態度をとってしまいました。

結果、お客様からクレームを受けることになり、店長から厳しい注意を受けました。この経験から、忙しくてもお客様に対して丁寧な対応をするようになりました。

料理をこぼしてしまった

飲食店の接客の業務でやらかした最大の失敗3つ目は、料理をこぼしてしまったことです。

料理をこぼしてしまうこともよくある失敗の1つです。同僚がある日、注文を届ける途中に手が滑って料理をこぼしてしまいました。結果、クレームには至らなかったものの、お客さんの服が汚れてしまい、お詫びすることになっていました。

同僚の経験とはいえ、非常に印象に残った事例だったため、こぼしていた現場を目撃した日を境に料理を持つときは同時持ちなどせず、しっかりと安定する持ち方を意識しています。

会計をミスした

4つ目は会計のミスです。

会計をミスしてしまうことは、お金の関わる業務なため、やってはいけない失敗の1つです。私はある日、お客さんからの支払いを受け取った後、お釣りの額を5,000円多く渡してしまいました。

最終的にはお客さんが気づいてお金を返金しに帰ってきてくれました。

この経験から、会計をするときは必ず2回以上確認するように意識するようにしています。

商品の入れ忘れ

最後の失敗は商品の入れ忘れです。

商品の入れ忘れは、クレームになる可能性が極めて高いため、バイトでの失敗で緊急性の高い失敗です。同僚はある日、注文された商品を調理していたのですが、忙しさにかまけて、商品を出し忘れていました。

結果、お客さんからクレームを受け、店長からも叱責されています。この現場を見た経験から、注文を処理するときは必ず頭の中でなく、声に出して2回以上確認する大切さを学習しました。

【調理】飲食店のバイトでやらかした最大の失敗を5つ紹介

【調理】飲食店のバイトでやらかした最大の失敗を5つ紹介

本章では「飲食店のバイトでやらかした最大の失敗」を調理の業務に絞って5つ紹介します。

  • 料理を焦がしてしまった
  • 食器を割ってしまった
  • 食材の保存方法を誤り、客に不良品を提供してしまった
  • トッピングを間違えた
  • 仕込みをした食材を落として使えなくなった

飲食店のバイトでやらかした事例を知りたい人や自分がやらかさないための対策をしたい人はぜひ参考にしてください。

料理を焦がしてしまった

私が初めて揚げ物を作ったとき、火を通し過ぎてしまう料理を焦がしてしまいました。最後の1個だったため、お客様に提供することができず、上司から厳しい指摘を受けました。

この失敗を経験してからは、料理を作るときは常に商品が焦げないかを考えることを意識しています。

また、新人だと、初めての料理で緊張してしまい、思いもしないミスをしてしまうことがあります。新人はメモを取る、同僚に質問するなどして料理の作り方を完璧に覚えてから取り組むのが、緊張して失敗しないコツです。

食器を割ってしまった

私は洗い物をしていた時に誤って食器を割ってしまいました。

キッチン内だったため、お客様に影響はなかったものの、店長から注意を受けました。

食器を割るというのは、飲食店のバイトでは避けられない失敗の1つですが、失敗をきっかけに私は食器の扱いに気をつけるようにしています。

食材の保存方法を誤り、客に不良品を提供してしまった

3つ目は、食材の保存方法を誤り、客に不良品を提供してしまったことが挙げられます。

この事例は、実際に目撃などをしたわけではありませんが、仕事を教えてもらった時に教わったことです。不良品の商品を提供することはクレームだけでなく、最悪の場合、食中毒が発生する可能性があります。

そのため、飲食店で絶対に起こしてはいけないミスです。入ったばかりの新人だと保存方法が分からないといったことは頻繫に起こり得るので、分からないことは早急に質問することを意識しましょう。

トッピングを間違えた

4つ目はトッピングの間違いです。

私はバーガーにトッピングを乗せる時に注文と異なるトッピングを乗せてしまいました。お客様に渡る前に気がついたため、クレームには至らなかったもののしっかり確認することの重要性を学びました。

また、トッピングを間違えることで商品をロスしてしまうデメリットがあります。トッピング間違いを減らすためにも、業務内容を完璧に覚えることが非常に大切です。

仕込みをした食材を落として使えなくなった

最後は仕込みをした食材を落としてしまったケースです。

私が担当していた食材を仕込んでいたとき、誤って食材を落としてしまい、使えなくなってしまいました。例えば、卵を数十個単位で落としてしまったことなどです。

食材を落とすと商品を提供できる個数が減るだけでなく、掃除の手間が増えてやるべき業務が増えるといった点もデメリットです。

食材を仕込むときは、手際よく作業を進めることが求められますが、この失敗を経験してからは、慎重に作業するように意識するようになりました。

飲食店以外のバイトでもやらかしがちなミス3選

飲食店以外のバイトでもやらかしがちなミス3選

飲食店だけでなくあらゆるバイトで共通して失敗しがちことが3つあります。

そこで本章では「バイトで共通して失敗しがちなこと」を3つ紹介します。

  • 寝坊やギリギリの出勤による遅刻
  • シフト忘れ
  • 制服忘れ

それぞれ順に解説していきます。

寝坊やギリギリの出勤による遅刻

バイトでありがちなミスが寝坊やギリギリ出勤しようとすることによる遅刻です。

遅刻は社会的マナーとしていけません。遅刻してしまうことで他のスタッフがカバーする必要が生じたり、お客様に迷惑をかけたりするからです。

寝坊による遅刻を防ぐためには、まずは十分な睡眠をとることが大切です。早めの就寝やアラームをセットして最低限の時間には起きるようにしましょう。

シフト忘れ

シフト忘れは、バイトでやりがちなミスですが、絶対にあってはならない行動です。

スタッフが自分のシフトを忘れてしまうと、他のスタッフが急遽カバーする必要が生じたり、店が混雑している時間帯にスタッフが足りなくなり店舗が回らなくなることがあるからです。

そのため、常にシフトをチェックする意識が大切です。特に急なシフト変更があった場合には、必ず確認しましょう。また、上司とコミュニケーションを取り、前日に明日は仕事があるなどを伝えてもらうなども急なシフト変更の対策として有効な手段です。

制服忘れ

飲食店でのスタッフは、制服を着用することが一般的ですが、ついついやってしまいがちなミスです。

制服を忘れてしまうと、急遽自前の衣服を用意する必要が生じたり、他のスタッフの制服を借りる必手間、最悪の場合、働けない可能性が出てきます。

制服忘れを防ぐためには、自分の制服をきちんと管理することが大切です。毎回出勤時には余裕を持ち自分が着用する制服がきちんと用意されているかを確認しましょう。

また、悪臭や汚れはお客さんからのクレームの原因にもなり得るため、制服の洗濯やアイロンは忘れずに行いましょう。

飲食店のバイトでやらかさないためにおすすめの対処方法

飲食店のバイトでやらかさないためにおすすめの対処方法

飲食店でのバイトは、1つのミスをきっかけにクレームの発生や店舗の評価低下などが起こり得ます。

そこで本記事では「バイトでやらかさないためにおすすめの対処方法」を3つ紹介します。

  • 事前に学習しておく
  • 同僚とダブルチェックをする
  • 焦らずにゆっくり仕事をする

それぞれ順に解説していきます。

事前に学習しておく

飲食店でミスをしないためには、事前に学習して業務内容をうろ覚えにしないことが大切です。

うろ覚えだと間違った行動をしてしまうことが多くなるからです。特に初めて働く場合は、お客様への接し方、料理やドリンクの提供方法など、覚えることがたくさんあります。そのため、業務内容が混合してしまいミスが増えがちです。

また、忙しくなると同僚の人から教えてもらいにくくなるため、常にメモを取り、自宅で学習しておくなど様々な対応を取って業務をうろ覚えにしないようにしましょう。

同僚とダブルチェックをする

飲食店でミスを多発させないためには同僚とのダブルチェックが有効です。

例えば、お客さんの注文を運ぶときにテーブル卓や商品名を同僚とダブルチェックするなどが挙げられます。同僚と常にダブルチェックを行っていれば、ミスに気付ける確率が向上するため非常におすすめです。

アルバイトでしたことがない人は、ぜひ試してみてください。

焦らずにゆっくり仕事をする

飲食店で働く際には、多くの注文や仕事をこなす必要がありますが、焦ってしまうとミスをしてしまうこともあります。そのため、焦らずにゆっくりと仕事を進めることが大切です。

特に忙しい時は焦ってしまいミスが多発しがちなので、注意が必要です。仕事を始める前に自分が何をするのか、どのような流れで進めていくのかをしっかりと確認し業務に取り組むようにしましょう。

また、疲れすぎてミスが増えそうな場合は、上司に聞いて休憩時間を十分に取ることで、リフレッシュすることも1つの方法です。

飲食店のバイトでやらかしてしまった時の対処方法

飲食店のバイトでやらかしてしまった時の対処方法

飲食店でアルバイトをしていると、気を付けていてもミスをしてしまうことがあります。しかし、失敗した場面で冷静に対処できるように、事前に流れを抑えておくことが大切です。

そこで本章では「飲食店のバイトでミスをしてしまった場合に取るべき対処方法」を3つ紹介します。

  • 早急に謝罪する
  • 相手が求めていることを明確にする
  • すぐに対処する

それぞれの対処方法を具体的に解説していきます。

早急に謝罪する

まずは、直ちに謝罪することが大切です。

お客様に対して誠実に対応しましょう。例えば、お客様の注文を取り間違えてしまった場合は、「申し訳ありません。私のミスでご迷惑をおかけしてしまいました。」と謝罪することが適切です。

また、お客様には今後の対応についても説明することが必要です。例えば、「すぐに正しい注文をお聞きし直しますので、少々お待ちいただけますでしょうか。」と伝えることで、お客様に安心感を与えられます。

謝罪があるかどうかで起こり得る結果は大きく変わるので、ミスをした場合は必ず謝罪しましょう。

相手が求めていることを明確にする

お客様が求めていることを明確にすることも大切です。

例えば注文を取り間違えた場合は「申し訳ありません。すぐに新しいものを持ってくるのですがお時間大丈夫ですか?」などお客様がどのような対応をしてほしいかを確認することが必要です。

また、お客様からのフィードバックを受け止め、改善につなげることが大切です。例えば、お客様から「もう少しサービスが良ければ良いのに」というフィードバックがあった場合は、その点を改善するために、自分自身で努力しましょう。

すぐに対処する

ミスをした場合は、すぐに対処することが必要です。

例えば、注文を取り間違えた場合は、すぐに正しい注文を聞き直すことが大切です。また、トラブルが起きた際には、すぐに上司や店長に報告し、一緒に対処することも非常に重要です。

ただし、対処方法によっては、早急に対処することが難しい場合もあります。

例えば、誤ってお客様に食事を提供してしまいすでに食べてしまっていた場合やオーダーが立て込んでいる場合などが挙げられます。

飲食店は状況常に変化するので、すぐに対処できなさそうな場合は、まずは謝罪をしてすぐに上司や店長に報告することが大切です。

まとめ:飲食店のバイトでやらかした場合は早急に対応すること

本記事では、飲食店のバイトでやらかした最大の失敗を【接客】と【調理】の2パターンで5つずつ紹介したことに加えて、ミスへの対処方法を解説しました。

結論、飲食店のバイトではどんなことであっても、クレームや店舗の評価につながりうるので早急な対応が必要です。また、ミスをしないために業務をうろ覚えでなく、メモや事前準備をしてしっかりと把握したうえで行うことも非常に大切です。

ミスをしたくない人は、ぜひ本記事の内容を試してみてください。

ABOUT ME
アルバイトコム
アルバイトコム
本ブログでは、アルバイトに対する悩みについて解説しています! アルバイトで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!
記事URLをコピーしました